NGC772

10月9日に2週連続の遠征に行きました。この日は、同じ豊中天文同好会の
メンバーのN嶋さんと現地で合流しました。

私が、現地に着いたのが、午後8時近くでしたが、天気は、曇りでした。
先に来られていたN嶋さんの話では、午後6時ごろに小雨が、降ったとの
ことで、晴れるか心配でしたが、しばらくするとポツポツを雲が、割れて
晴れ間が、出てきたので、機材の準備をして、晴れるのを待ちましたが、
晴れて、撮影を始められたのは、夜半を過ぎてからでした。
しかし、10月2日と違い、空の透明度は、イマイチで、少し眠い空でした。

10月の上旬は、季節外れの暑さで、少し雲の出るような天気では、夜に
なっても気温が、下がらず、快晴になるまでに時間が、かかりましたね。

撮影した対象は、おひつじ座の系外銀河NGC772を撮影しました。
撮影を始められたのが、夜半を過ぎてからで、露出時間が、少し足りないのと
空が、少し眠たくて、解像度が、少し悪いです。
ちょっと撮影対象が、小さく焦点距離が、足りませんでしたが、伸びた腕や
腕の構造も何とか写りました。

NGC772は、天の川銀河の約2倍の大きさの系外銀河で、過去に伴銀河と
相互作用した影響で、腕の1本が、長く伸びています。
また、その影響で、星形成が、活発で、高温、大質量の恒星が、生まれて
いるようで、伸びた腕を含めて腕が、青いです。


NGC772
撮影日:2021年10月10日
露出時間 L 5分X20 R 5分X9 G 5分X9 B 5分X8
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

10月10日の朝の帰り道は、緊急事態宣言が、解除されて、行動制限が、
なくなった休日だったので、能勢、丹波篠山、綾部方面に行く車で
反対車線は、朝からかなりの渋滞でした。
帰りに途中の道の駅を通りかかると栗を買う人で、人で溢れていて、
道の駅も満車で、入れず、反対側の道は、大渋滞でした。
帰りは、国道173号線から176号線で、帰りましたが、道路の渋滞は、
阪急池田駅の先まで続いていて、渋滞の最後の方は、いつ目的地に
着くのかなと思いながら帰ってきました。
スポンサーサイト



[ 2021/10/23 16:49 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

10月の遠征は、3週連続で、2勝1敗でした。

10月は、2日、9日に15日が、休みだったので、14日と3週連続で、
北の撮影ポンとに出撃して2勝1敗でした。

14日は、平日にもかかわらず現地に着くとすでに4人の方が、来られて
いてビックリでした。
14日は、夜半までは、快晴でしたが、夜半以降は、曇ってしまって、
残念な夜になりましたが、現地で、お会いした方達といろいろお話が、
できて、楽しかったです。
現地で、お会いした方には、お疲れ様でした。

10月2日は、一晩快晴でしたが、放射冷却で、気温が、下がって、夜半を
過ぎるとライトダウンの上下を着こまないといけないくらいの気温に
なりました。そして、夜半を過ぎるとふもとは、一面の雲海になっていて、
おかげで、下界の光が、遮蔽されて、空は、暗かったです。

2日は、8月にまともに撮影できなかったM74をFSQ-106で撮影しました。
M74銀河は、うお座のSc型のフェイスオンの渦巻銀河で、大きさは、
天の川銀河と同じ直径約10万光年の系外銀河です。
またM74には、腕の中にポツポツと赤いHII領域が、あるのと、腕の
色が、青ぽいので、星形成も活発であり2002年と2003年に立て続けに
超新星が、観測されています。

M74 NGC628
撮影日:2021年10月2日
露出時間 L 5分X23 R 5分X10 G 5分X10 B 5分X10
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr
[ 2021/10/17 13:03 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

BaaderからCMOS対応のLRGBフィルターが、出ました。

Baader PlanetariumからCMOS対応のLRGBフィルターが、出ました。
CMOSセンサー用ということで、CMOSの量子効果とS/Nを考慮した設計で、反射防止
コーティングも良くなっているようです。
色の表現が、どうなるか興味が、ありますね。

https://www.baader-planetarium.com/en/blog/baader-l-rgb-filters-cmos-optimized/
https://www.baader-planetarium.com/en/blog/new-cmos-optimized-baader-filters/



[ 2021/10/14 03:12 ] 機材 | TB(-) | CM(0)

IC1848 S.A.Oカラー合成

台風14号が通過しましたが、皆さんの所は、大丈夫でしたでしょうか?
こちらは一時、雨風が、強かったですが、朝には、晴れ間も出てました。
そして、「暑さ寒さも彼岸まで。」という言葉が、ありますが、お彼岸を
向かえてようやく天気が、安定してきそうです。

先週は、10日が、休みで、9日の夜が、天気が、良かったのですが、夜から
出かけることが、できなかったので、久しぶりに家の近くで、北天のIC1848を
ナローバンドで、撮影しました。
自宅の近所では、街灯の影響が、大きくて、撮影面積が、大きくなればOIII画像の
荒れが、大きくなって画像処理が、大変で、これが、限界です。


IC1848
撮影日:2021年9月10日
露出時間 SII 5分X10 Ha 5分X9 OII 5分X12
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium SII 8nm Ha 7nm OIII 8.5nm
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

撮影場所は、家の近くなのですが、北天を撮影できる場所が、すり鉢の底の様な
場所で、すり鉢の縁の所に街灯が、あるのと、午前3時を過ぎると、すぐ横を
新聞配達のバイクが、通過する場所なので、Haは、よいのですが、OIIIは、案の定、
カブリが、大きく、SAO合成すると色が、悪いです。
また、QSI583のセンサーのKAF8300は、赤の感度が、高く、青の感度の低いセンサー
なので、ブロードバンドでもナローバンドでも青を多く撮影しないと、カラー合成
したときに色の調整が、大変なセンサーなのですが、今回も青の成分のOIIIを他よりも
多く撮影しましたが、まだ、足りないようです。
次回、SAOで、撮影するので、あればQSI583より感度は、低くなるのですが、青感度の
高いQSI540を使ってみまあしょう。

あと、ナローバンドの撮影ならば、街中でも撮影できると言われますが、実際には、青の
成分のOIIIが、街明かりの影響を受けるので、なかなか難しいです。
ナローバンドの撮影でも自宅からすぐ行ける夜空のそこそこ良い所に行きたいですね。

[ 2021/09/18 17:52 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

リモート天文台

少し前にタカsiさんが、U.D.Aリモート天文台を引き払って、南紀リモート天文台に
機材を集約すので、U.D.Aリモート天文台に望遠鏡を置きませんかというお話を
もらいました。
U.D.Aリモート天文台は、私も設立に関わって、当初は、望遠鏡を置く事を考えて
いましたが、家の諸事情からU.D.Aリモート天文台への参加は、やめました。

リモート天文台の建設等の費用は、5mX2mまたは、5mX2.5mのスライディングルーフなら
4台から望遠鏡の配置で、6台くらいは、置けるので、4人で、共有するとして、土地代や
電気、ネット代で、変わりますが、建設費と運用費は、年間約10万円前後になるので、
月額約1万円で、リモート天文台を持つことが、できます。

リモート天文台の運用コストが、月額1万円程度ならば、月に1回遠くに遠征するとして、
ガソリン代、往復の高速代にその他で、同じくらいになるので、晴れていれば、いつでも
撮影できると思われますが、私の場合、現在のところ平日は、会社勤務で、高齢の母親を
介護しているので、リモート天文台が、あったとしても、なかなか撮影をする時間を作る
ことは、難しいです。
ことに平日は、晴れていても、家の事を終わって、夜の11時、12時から撮影を行うのは、
いくらリモート撮影で、撮影開始後は、オートで、撮影終了後も自動で、ホームポジションに
戻して、人手を介さず自動終了することができても、撮影前の準備などは、必要ですし、
翌日の仕事を考えると、なかなか難しいです。

私としては、リモート天文台でのリモート撮影よりも晴れた時に遠征に行く方が、出かける
ために予め家の準備が、できるので、楽なのです。
高齢の親を介護していると、夜は、出かけにくいと思われますが、幸い私の親は、高齢でも
頭は、まだしっかりしているので、夕方近くに出かけて翌朝の午前中に帰って来るくらいは
問題ないので、助かっています。

リモート天文台は、何人かで、共有するれば、ランニングコストも小さくなり、晴れていれば、
いつでも撮影できるメリットは、ありますが、撮影するには、それなりに時間を作らなけば
ならず、家の事情もあり、リモート天文台を持つのは、なかなか難しい所が、あります。
[ 2021/09/12 14:54 ] その他 | TB(-) | CM(0)