カシオペア座付近

8月14日は、久しぶりに快晴で、空も透明度が良かったので、
秋の天の川が、”シャリシャリ”に見えました。
遠征先は、自宅から近いのですが、天頂から北の空が、暗いので、
”赤い猫”のファーストライト中にポタ赤で、カシオペア座
付近を撮影しました。
この付近は、天の川が、それほど濃い所でもありませんし、
淡く大きな散光星雲が、多い領域ですが、NGC281 パックマン星雲、
IC1805とIC1848のハート&ソール星雲、NGC7822クエスチョンマーク
星雲は、比較的明るいので、よく分かります。
この日は、ペルセウス座流星群の極大日を過ぎていましたが、
明るいペルセウス座流星群の残り流星が、結構飛びました。
しかし、写真には1つも流星は、写っていませんでした。
カシオペア座付近RGB
撮影日:2020年8月15日
露出時間 3分X38
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS
[ 2020/08/31 00:45 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

”赤い猫”初陣

8月14日に”赤い猫”のファーストライトに行って来ました。
約4カ月ぶりの遠征でしたが、この日は、月の出が、午前0時半ごろ
だったので、遠出は、やめて、近場にしました。

”赤い猫”のファーストライトは、NGC7000を撮影しました。
月が、出てくるまでに撮影を終わらせるために露出時間を
少し短くしましたが、この”赤い猫”は、FSQと同じペッツ
バール型光学系なので、ほんと良く写ります。

撮影日:2020年8月14日
露出時間 L 5分X18 R 5分X6 G 5分X6 B 5分X6
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium LRGBフィルター
ガイドカメラ SSAG
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

月が、出てきてからは、Haで、SH2-157付近を撮影。
急いで導入したので、構図が、悪いですが、こちらも
良く写っています。

撮影日:2020年8月15日
露出時間 Ha 5分X14
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium Haフィルター 7nm
ガイドカメラ SSAG
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

RedCat51は、焦点距離が、250㎜なので、望遠レンズのように
使えて、必要な物が、一式揃っているので、非常に取り回しが、
良い鏡筒です。
これからは、RedCat51を”赤い猫のニャー”と呼ぼう!


[ 2020/08/29 12:04 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

天の川銀河の中心方向

4月、5月は、天の川の濃い所を撮影できる時期ですが、天気の
具合や霞などの影響で、なかなか南の低空まで撮影できる機会は、
数年に1回くらいしかありません。

下の写真は、4月28日の夜に撮影した天の川銀河の中心方向の
写真です。
彼岸花星雲より下は、霞みの影響が、大きくなってくるので、
画面の下は、上と比べると画像が、悪いです。
それでも”エビ星雲”ことIC4628は、明るく写っています。
天の川-中心部分2
天の川銀河の中心方向
撮影日:2020年4月29日
露出時間 3分×37
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.5 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS
[ 2020/05/13 11:47 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

NGC6334 出目金星雲

コロナの影響で、大変ですが、4月25日と28日に撮影に行きました。
25日は、夜半近くから曇って、車の中で、寝ていて、午前3時ごろに
目が覚めて、外に出ると快晴ではないですか!しかし、時すでに
遅しですぐに薄明で、万事休す。
28日の夜は、月齢が、大きくなっていましたが、天気が良かった
ので、再度撮影に行き、今度は、一晩、快晴でした。

この時期は、さそり座の南の低空を見ることが、できますし、この
領域は、4月、5月しか撮影する機会が、ないのと南の低空の
透明度の良い時にしか撮影できないので、撮影対象は、NGC6334
出目金星雲にしました。

当日は、天気は、良かったのですが、やはり、これくらい低空に
なると霞みの影響で、撮影できる時間が、短かったので、色が、
あまり良くないです。このくらい低空になると波長の長い赤Rは、
良く写るのですが、波長の短い青は、大気層を通過する距離が
長いのと、空気中の塵の影響で、青Bは、写りが、悪いです。

NGC6334 出目金星雲
撮影日:2020年4月29日
露出時間 L 5分X14 R 5分X5 G 5分X5 B 5分X4
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒
カメラ QSI540WSG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium LRGBフィルター
ガイドカメラ SSAG
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

NGC6334は、日本では、出目金星雲と呼ばれていますが、
海外では、Cat's Paw Nebula 猫の手星雲と呼ばれいます。
日本では、M8の横のNGC6559付近の星雲を猫の手星雲と
読んでいますが、本来は、このNGC6334が、猫の手星雲と
呼ばれています。

[ 2020/05/09 16:38 ] 天体写真 | TB(-) | CM(2)

天の川銀河の中心方向

3月20日は、お天気は最高でしたが、透明度は、PMの影響で、イマイチでしたが、
午前2時を過ぎると天の川の濃い所が、昇ってきます。
高野辻ヘリポートは、南のロケーションは、非常に良いので、5月までは、広角
での撮影は、最高です。
KissX6iで、35㎜ですとちょうど夏の主な散光星雲が、全て写っています。
しかし、ただ1つ出目金星雲が、ポタ赤を設置した場所が、悪くて、木の陰に
なり、画面の右で、切れてしまってます。
天の川銀河
撮影日:2020年3月21日
露出時間 3分X24
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS

この画角は、ちょうど画面の右半分が、天の川銀河の中心方向になります。
そして、下の写真の矢印の方向に天の川銀河の中心にある超巨大ブラックホール
いて座A*があります。
[ 2020/04/05 23:47 ] 天体写真 | TB(-) | CM(2)