モーターが届きました

日本パルスモータに注文していたGP赤道儀用のステッピングモーターが、届きました。
日本パルスモータは、コイル抵抗値や減速ギア比を問い合わせれば個人でも
1個からモーターを購入できるので、MTS-3SDI用で使うためにコイル抵抗
6.5Ω、減速ギア比1/125のステッピングモーターを購入しました。

イメージ 1


実は、モーターの交換は、これで2回目なのです。このモーターの交換の
前にK-ASTECから同じタイプで、コイル抵抗2.2Ω、減速ギア比1/125の
ステッピングモーターを購入して使っていたのですが、MTS-3SDIで使う
にはコイル抵抗が小さく2軸同時に動かすと許容電流を超えてしまうので、
コイル抵抗2.2Ωのモーターからコイル抵抗6.5Ωのモーターに換えたと
いう訳です。

写真は、左からMT-1のオリジナルモーターで、コイル抵抗20Ω、減速ギア比1/120
2個目が、K-ASTECから購入したモーターで、コイル抵抗2.2Ω、減速ギア比1/125
3個目が、今回日本パルスモータから購入したモーターで、コイル抵抗6.5Ω、減速ギア比1/125。

イメージ 2


減速ギア比が、MT-1オリジナルが1/120で、交換したモーターの減速ギア比が、
1/125かというと、減速ギア比が、1/120だとモータードライブの恒星時駆動の
駆動周波数が、19.25Hzと中途半端な周波数になりますが、減速ギア比が、1/125
だと恒星時駆動の駆動周波数が、20.05Hzとなり、かなり正確な値になるので、
減速ギア比を1/125にしています。

イメージ 3


これで、MT-1のモーターケースに収めてモーターの交換完了。これで、動作確認
も問題なくクリアーしました。
ただし、PF35T型のモーターは、PM型のモーターで、応答周波数が、低いので、
12Vでの自動導入の最高速度は、120倍速が、限界ですが、実用には問題ないので、
あとは、実戦投入を待つだけです。
スポンサーサイト



[ 2008/09/28 01:55 ] 機材 | TB(0) | CM(12)

No title

おはようございます。無振動のMDは魅力ありますね。MDの振動は少なくても惑星観測時には何らかの影響を与えてる様な気がします。汎用MDなので、ギア比等ドライバ-側で自由に設定可能なんでしょうね。
[ 2008/09/28 07:22 ] [ 編集 ]

No title

hiroshihasさん、こんにちは。
MTS-3SDIは、PCからシリアル通信経由で、設定を自由に変更できます。
モーターに関しては、惑星、長焦点撮影には、日本パルスモーターの
PM型モーターよりもオリエンタルモーターのHB型のハイブリッド型
モーターの方が、周波数特性が良いので、ほぼ無振動になりますね。
[ 2008/09/28 18:10 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。初めて書き込みさせて頂きます。hawk_chと申します。

実は私も古い赤道儀のモータードライブ換装等をよく行っておりまして、これまで日本サーボの安価なモーターを使っていたのですが、マイクロステップ駆動するとどうも具合が良くなく、この日本パルスモーターのPF35Tを試してみようかと思ってます。

PF35Tは1個から購入できるというお話ですが、もしよろしければ購入方法、価格等を教えていただけませんでしょうか。日本パルスモーターの代理店等に頼まれて入手されたのでしょうか。

すみませんが教えていただくと助かります。お手数ですがよろしくお願いします。
[ 2008/10/19 17:56 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、hawk_chさん。
日本パルスモーターのモーターの購入方法ですが、モーターの型番と
減速ギア比、コイル抵抗値を決めて日本パルスモーターのHPにある
お客様サポートから問い合わせをすれば、折り返し返事が、来ます。
希望のコイル抵抗値のモーターが無くても近いコイル抵抗値のモーターを
教えてくれます。

私が、購入しましたPF35T-48031G(1/125)Mギア・ユニポーラ仕様・6.5Ωは、
2個で¥13650でした。
モーターの納期は、減速ギア付きの物は、2ヶ月かかります。

減速ギア付のモーターを購入されるのでしたHGギヤヘッドの方が
固定金具が付いているので、良いかもしれません。
[ 2008/10/19 22:50 ] [ 編集 ]

No title

どうも、モーターの購入方法・価格等詳細に教えていただきありがとうございました。

価格的にはちょっと高めですが、でも抵抗値等オーダーできて良さそうですね。私も試しに購入してみようと思います。

情報をどうもありがとうございました。またホームページ・ブログのほう見てますので、自動導入装置の製作などがんばってください。
(私も同様の装置を作りたいのですが、赤道儀が赤緯タンジェントスクリュー微動なので、断念しております。。)
[ 2008/10/19 23:32 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、Orcaさん。
私は日本語が苦手なので、読みにくい表現があるが多くて、
誠に申し訳ございません。

Orcaさんの記事、大変勉強になりました。ありがとうございます。
MTS-3のマニュアルを読みましたか、要求するモーターのコイル抵抗と消費電流の計算式がよくわかりません。
申し訳ございませんが、教えていただけますか?よろしくお願いします。
[ 2015/03/30 02:39 ] [ 編集 ]

No title

Vanさん、こんにちは。
モーターのコイル抵抗値は、MTS-3SDI+のモーターへの電流容量が
RA、Dec合わせて1Aで、ピーク2Aなので、これを超えないように
電源電圧からモーターのコイル抵抗値を選択しました。
電流値の計算は、オームの法則で、計算します。
モーターの選択は、実際にモーターを動かしてみないと分からない
ところもあるので、難しいところです。
[ 2015/03/31 02:07 ] [ 編集 ]

No title

教えていただきありがとうございました。

RA、Dec合わせての電流容量は1Aで、電源電圧は12Vで、
V=RI
ふたつのモーターの抵抗値合わせ最低12Ωですか?

Orcaさんのモーターはユニポーラ仕様、MTS-3SDI+はバイポーラ接続なので、接続方法はバイポーラ・ハーフコイルか、それともバイポーラ・シリアルですか?

質問が多い、また日本語が苦手なので、誠に申し訳ございません。
[ 2015/04/02 19:17 ] [ 編集 ]

No title

vanさん、こんにちは。
抵抗値は、モーターのコイルの抵抗値で、上の写真では、モーターの
2.2Ωや、6.5Ωの数値です。

モーターの接続方法について書かれていることが良く分からない
のですが、ステッピングモーターには、ユニポーラ型とバイポーラ型が
ありますが、ユニポーラ型をバイポーラで使う場合は、4本の線で駆動
させるので、ユニポーラ型ではcommon線を繋ぎません。
お分かり頂けたでしょうか?
[ 2015/04/05 14:23 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、モータードライブの自作の記事に興味がありやって来ました。
よくよくみるとジオシティーズの方でも拝見させて頂いておりました。

私はArduinoを用いたMT-1のコントローラを自作しておりますが
最高で26倍速(250PPS)でしか駆動させることができません。

PF35モーターで120倍速で駆動する場合には1000PPS程度で
定格の3倍ぐらいになると思いますが、これはモーターICだけで達成できるものでしょうか?
教えていただけるとありがたいです。
[ 2015/04/06 22:41 ] [ 編集 ]

No title

B.S.Revolutionさん、こんにちは。
Arduinoで、モータードライブを作られているのですね。
MT-1のモーターは、コイル抵抗値が、大きく最大でも64倍速
くらいが、限度です。私が、最初にPICマイコンで作った
自動導入モータードライブも導入速度は、32倍速でした。

PF35Tは、GP赤道儀をMTS-3SDI+で、高速導入できるように
するために購入したものです。
汎用の自動導入モータードライブは、以下のようなのを
作っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/ngc4826/33318093.html
マイコンは、Arduinoと同じAVRですが、開発環境は、
Arduinoでは、複雑なプログラムを作り辛いので
AVR Studio 4とAVRGCCで作っています。
回路構成は、ATmega128と東芝のマイクロステップ
ステッピングモータードライバーICのTB62209FGを使って
います。また、自動導入の制御は、ミードのLX200コマンドで
行っています。
[ 2015/04/07 01:47 ] [ 編集 ]

No title

ORCAさん、丁寧にありがとうございます。

Arduino以前はPICマイコンに興味があったのですが、敷居が高そうなので断念しました。
Arduinoも2013年末から触り始めたのですが、VBなどと比較して開発環境が貧弱だなあと思います。

GPで自作のモータードライブでオートガイドができたり、自動導入ができて導入速度以外は満足しています。
ORCAさんを参考にしてTB62209FGで遊んでみます。
うまくMT-1を高速で回転できたら、モーター換装してみます。
[ 2015/04/07 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/10-7015afff