OAG9について

最近、巷のごく一部で話題になっているOAG9ですが、私のブログで、紹介したのが、2010年3月7日でした。
それから日本でもユーザーの方が、増えて、今では、”レア”なオフアキでもなくなりました。
しかし、OAG9の使用レポートが、少ないので、これまで使った使用感などを書きます。

カメラとの接続
OAG9で注意しなければならないのは、光長が9mmなのは、Tリング仕様の物で、EOSマウント仕様では
11mmになります。なので、バックフォーカスが、56mmのBORGのレデューサーやMPCCなどのコマコレでは
望遠鏡との接続の余裕が、3mm以下になるので、EOSなどの一眼デジカメで、使う場合は、既存のリングを
使用することはできません。
OAG9は、EOSマウント以外で使う場合は、Tリング接続のNikonマウントやPentaxマウントを使わなければ
ならないので、さらに光長が、伸びます。

また、ニュートンで使う場合、接眼部の繰り出し量もあるので、タカハシのイプシロンなど補正レンズの
バックフォーカスが、決まっていて、接眼部の繰り出し量が、少ない望遠鏡では、ピントが、出ません。
タカハシのレデューサーは、バックフォーカス72.2mmで、余裕があるので使えますし、GSOのRC用
レデューサーやRCC-1などバックフォーカスの長いコマコレやレデューサーは使えます。

OAG9は、光長が、最短で9mmというオフアキシスガイダーとしては、極薄ですが、たとえ9mmでも光長が
伸びることは、他のオフアキシスガイダーと同じなので、使用する光学系をよく考えないといけません。

望遠鏡との接続
OAG9と望遠鏡の接続については、OAG9の望遠鏡側の接続が、M48mmP0.75 メスと、日本では、あまり
見かけない規格なので、注意が、必要です。私は、知り合いの天文仲間の方にM48mmP0.75オス-
M57P0.75オスの変換リングを作ってもらいました。

これからOAG9を購入するのであれば以下のようなM48mmP0.75 メスとTネジに変換するリングを一緒に
購入するか、しばたさんなどオリジナルリングを製作してもらえるところに使用目的に合ったリングを
製作しもらうとよいと思います。
http://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/info/p378_Adapter--T2-female---M-48-male---Reduction-2--filter-thread-to-T.html

イメージサークルについて
OAG9用のEOSマウントは、内径が、36mmしかないので、5D MarkIIなどの35mmフルサイズのカメラでは、
周辺減光が、出ます。実用的には、APS-Cサイズまでです。
Tリング接続でも35mmフルサイズでは、周辺減光するので、冷却CCDでも35mmフルサイズのカメでは
使えません。

ガイドカメラの取り付けとピント調整
OAG9のガイドカメラの取り付けは、Tリングになっているので、SSAGやDSIを取り付けるのは、簡単ですが、
ガイドカメラの回転機構がないので、四角形のDISなどは、デフォルトでは、使い辛いと思います。
これも以下のような回転装置があると便利です。
http://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/info/p3501_TS-T2-changer---fast-coupler-and-360--rotation.html

ピント調整は、ガイドカメラの台座のネジをゆるめて、ガイドカメラを抜き差しすることでしかできないので、
実際に使う前に昼間に遠方の風景などを利用して、メインカメラとガイドカメラのピントを大まかに合わせて
おいて、最後に実際の星で、ピントを追い込む必要があります。

OAG9の総評
OAG9の便利ところは、プリズムの位置を変えることが出来るところです。試写して、プリズムによるゴーストが
出たとしてもプリズムの位置を変えることで、解決できます。

OAG9は、極薄のオフアキシスガイダーですが、オフアキシスガイダーに変わりはないので、使い勝手としては
三ツ星などのオフアキシスガイダーと大して変わりがないと思います。
ただ、オフアキシスガイダーは、撮影システムが、出来てしまえばガイド鏡が、不要になりますし、ガイド精度も
上がるので、非常に便利なアイテムです。


購入方法
これ、結構重要かも。
現在、日本でも買えるようですが、今のユーロ安や内外価格差を考えればドイツのTeleskop-Serviceから直接
購入する方が、安くつきます。
OAG9のEU圏外への販売価格は208.4ユーロで、今の為替レートで計算すると日本円で、約20500円位です。
必要なパーツを含めて購入しても25000~28000円程度で、送料や諸経費を入れても3万円程度です。

Teleskop-Serviceは、PayPalが、使えるので、アカウントを作っておけば便利です。



PayPalの解説
http://e-okozukai.com/
スポンサーサイト



[ 2012/01/15 18:11 ] 機材 | TB(0) | CM(10)

No title

丁寧な解説ありがとうございます。SE200Nで撮影をするようになったのですが、ご存知のとおり剛性のない鏡筒なのでガイドが流れます。対策として鏡筒の剛性を上げるまえにオフアキを検討してますが、手持ちのガイダーでは光路長が足りないので、これの購入を検討したいたところでしたの、まさに最適なタイミングでした。
[ 2012/01/15 23:13 ] [ 編集 ]

No title

Eagleさん、こんにちは。
参考になって幸いです。
ニュートンの場合、接眼部の繰り出し量が、小さい物が多いので、
オフアキを使うには、主鏡の固定位置を動かして、接眼部の繰り
出し量を多くしなければ使えないことが多いですね。
こうなるとどこまで鏡筒を改造するのか、悩むところだと思います。
[ 2012/01/16 01:26 ] [ 編集 ]

No title

私の使用感と、ほぼ同じですね。
回転装置のTST2WEはLodestarなどの抜き差しでピントを合わせるガイドカメラでは必須です。苦労してピントを出した後に、キャリブをしたら方向がアレ?っというときに役立ちます。これに1.25インチ接眼部のストッパー付ヘリコイドがあれば言う事なしなんですけどね。
以前5D Mark2でフラットを撮影したことがありますが、ケラレていて使えないなぁと思いました。なので今は60Dで使っています。
あと注意したいのは首のところから光を拾いますのでテープなどで塞いだ方が良いですね。
[ 2012/01/16 19:43 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんにちは。
使用感は、同じですか。
ガイドカメラの回転装置は、必需品ですね。私も今、注文して、到着待ちです。
OAG9は、基本Tリング仕様なので、イメージサークルは、35mmフルフォーマット
では、小さいですね。
首のところから光を拾うのですね。注意します。
[ 2012/01/17 01:29 ] [ 編集 ]

No title

始めまして、記事を見て、よさそうだったので買ってみました。MPCC(ストッパーを外して) OAG9 T-Mount EOS で、組み立て完了と思いきや、MPCCのTマウント部分が邪魔して、肝心のプリズム部分が入いらないことが判明。MPCCのマウント部分を削るのがいいかどうしようか悩んでます。
[ 2012/02/02 23:33 ] [ 編集 ]

No title

catjumpupさんへ
MPCCを使おうとすると確かに当たります。以下、記事参照
http://blogs.yahoo.co.jp/star_genta/60447880.html
レンズを外して特別なリングへ入れるという方法もあると思います。

もっと良い解決策が見つかったら、教えてください。
[ 2012/02/03 01:31 ] [ 編集 ]

No title

catjumpupさん、はじめまして。
GENTAさんが、示されている方法は、どうなのでしょうか?
最終手段としては、MPCCのマウント部分を削るしかないかも
しれませんが、これは、注意が必要だと思いますね。
[ 2012/02/05 01:51 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんにちは。
バックフォーカスが56mmの補正レンズをOAG9で使うのは、かなりの
工夫が、必要ですね。
たかが、9mm、されど、9mmですね。
[ 2012/02/05 01:53 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、Orcaさん今晩は、とりあえず削ることにして、ノギスとヤスリを買ってきて、マークもつけたとこでもう一度よく考えると、出っ張っているのは7mm程度である。ここに48mmメス48mmオスのチューブをつければOK。というわけで、Kenkoのプロテクトフィルター48mmを購入(約1,000円)フィルターを外して枠だけにしたところ、めでたく装着できました。ピントが合うかは曇っているのでまた今度。
[ 2012/02/07 20:55 ] [ 編集 ]

No title

catjumpupさん、こんにちは。
削らずにすんだのは、何よりです。
ピントテストで、良い結果が出るとよいですね。
[ 2012/02/10 01:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/100-f304bc17