EM-10 AGS-1Xやっと復活です。

正月休みにK-ASTECで、AGS-1X改造したEM-10のステッピングモーターの
配線ミスを発見して、修理しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ngc4826/30241090.html
しかし、これまで天気が、悪く動作確認テストができませんでしたが、
昨夜、やっとテストができました。

結果は、やっとEM-10が、復活しました。やれやれです。
これで、まともに使えそうです。

あと、ガイドのテストで、SSAGを使ったのですが、SSAGの階調は、8ビットで、
256段しかないので、自宅の前では、周辺が、明るいのと空も背景が明るい
ので、露出10秒で、キャリブレートを行うと、キャリブレート動作は、成功
してもガイド星が無いと、表示されてオートガイドが、できまあせんでした。
それで、露出を5秒にすると何とか、キャリブレートが、成功して、オート
ガイドを行うことができました。
SSAGは、非常に感度が高く、暗い星でもガイドできるのですが、階調が、
8ビットと他の階調が、16ビットのオートガイダーの1/256しかないので、
夜空が、明るい所では、結構使い辛いです。
スポンサーサイト



[ 2012/02/13 00:36 ] 機材 | TB(0) | CM(8)

No title

こんばんは。
たまーに訪問してます(笑)

AGS-1X復活良かったですね。
K-ASTECさんに限ってミスは無いだろうと思いたいのですが、私も3度ほどありました。
私は駆動系の部品交換、赤緯ピニオンギアの締め忘れ、等々…
対応は良いのですが、ミスが目立ちます。
ちなみにAGS1-Zです。

改造と無関係かもしれませんが、何故だか改造後から、撮影写野が南北にずれていくのです。
オフアキでも、親子亀でも同じ動作をします。
ガイドは比較的良好なのですが、もしかして心当たりありますでしょうか?
配線ミスの過去記事をみて思いましたが、もしかして配線?なんて考えてる次第です。


改造前には無かった現象ですが、
[ 2012/02/22 18:31 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、sloさん。
仕事が、忙しくレスが遅くなりました。

私のEM-10の改造も改造後は、赤経のウォームギアが、ガタガタで
使える状態ではなかったので、自分で、赤経のウォームギアを
調整しました。で、これだけかと思いきや、赤緯モーターの配線
ミスなので、K-ASTECの作業は、信用できないですね。

sloさんの赤道儀が、改造後に南北方向にずれるのは、改造の
影響だと思います。
オートガイドで、南北方向にずれるのは、赤緯モーターが、
正常に反応していないと思います。オートガイドで、赤緯側の
修正を切って、ガイドして、南北方向にずれるか確認しては
どうでしょうか?
あと、自動導入動作で、南北方向に大きく動きをさせて、導入
対象が、南北に大きくずれるようでしたら赤緯モーターの配線に
問題があると思います。
この赤緯モーターの配線ミスは、赤道儀の基本的な動きは、
一見正常に見えるので、よく調べてみる必要がありますね。
[ 2012/02/25 18:05 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさんこんばんは。
参考になるお返事ありがとうございます。
今ほど過去の画像を色々見てたのですが、北極星を中心に、振り子のような動作で流れてました。
なので、北極星に近い側より、遠い側が写屋内で僅かですが、ふり幅は大きくずれてます。
あれ?これって東西ズレになるのかな?!
ん~っと…だんだん分からなくなってきました(笑)
とにかく改造後からの現象なので、何かが狂ってるのでしょうね。
[ 2012/02/27 00:17 ] [ 編集 ]

No title

sloさん、こんにちは。

改造してからの現象なので、これは、大変でっすね。
まずは、極軸望遠鏡が、ずれていないか遠くの建物か北極星を使って
確かめてはどうでしょうか?
次に極軸望遠鏡が、問題ないのであれば、カメラの視野を東西南北
に動く方向に合わせて赤径方向に正常に追尾するか確認します。
これで、赤径方向の動作確認ができます。

モーターの配線を確認するのは、東西と南北に大きく動くように
自動導入を行って、導入対象が、大きくずれるようでしたら、
ずれる方向のモーターの配線に問題があると思います。

どちらにしても動作テストは、一晩かかると思うので、満月の時に
一度詳しく調べてみてはどうでしょうか?
[ 2012/02/28 01:06 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさんありがとう御座います!
確かにカメラの写野を、普通は対象物と構図の兼ね合いで東西南北きっちり合わす事はありませんよね。
なのでこの方法は非常に分かりやすいですね。

>赤径方向に正常に追尾するか確認します。
↑これはオートガイドさせないのでしょうか?



極軸は、一度改造してばらしたのが原因でずれたのか、前はほとんどドリフトを行いませんでしたが、今の状態では3分が限界で、ドリドリして追い込まないと、いくらオートガイドといえどまともには追尾させてくれません。

そうですね、こちらでは今の季節ほとんど晴れないので、満月でも何でも晴れた時に、一度じっくり実験してみようかと思います。
[ 2012/02/28 13:35 ] [ 編集 ]

No title

sloさん、こんにちは。

> >赤径方向に正常に追尾するか確認します。
> ↑これはオートガイドさせないのでしょうか?
>
これは、ノータッチガイドです。
1枚撮影して、5分なり10分ノータッチガイドを行って、画像を比較
すれば、ガイドの状態が分かります。
西にずれていれば、追尾速度が速く、東にずれていれば追尾速度が
遅いことになります。

ところで、極軸を合わせていても、しばらくして、追尾が、おかしく
なるのは、極軸望遠鏡が、偏芯している可能性が、大きいのでは
ないでしょうか?
一度、昼間に遠くの風景を利用して、極軸望遠鏡が、偏芯して
いないか確かめられては、どうでしょうか?
[ 2012/02/29 22:33 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさんありがとうございます。

昨日の晩にさっそく試してみました。
以前は極望の中心+印に北極星を入れて、赤径を回しても、ぴったり合ってたので疑いもしてなかったのですが、どうやら今回はずれてるようでした。
いつからズレたんだろう?!
ズレの量は、西暦の5年分くらいでした。

南中前の南に鏡筒を向けて、10分ノータッチで、僅かに南東にずれていくようです。
原因は分かりませんが、極望から疑ってみようと思います。
しかし、EM-200の調整は出来るのでしょうか。
[ 2012/03/01 12:05 ] [ 編集 ]

No title

sloさん、こんにちは。

極望の偏芯とは、大変なことになりましたね。
sloさんのEM-200は、K-ASTECで、オーバーホールと改造後に異常が、
出たようなので、明らかにK-ASTECでのオーバーホールのミスでは
ないでしょうか。

Vixenの極望は、ユーザーが調整できるのですが、タカハシの赤道儀
の極望は、メーカーでしか調整できないので、極望の調整は、メーカー
に送らないとできません。しかし、sloさんのEM-200は、K-ASTECで
改造しているので、タカハシで、調整してもらえるか、問い合わ
せてみないとわかりませんね。
ただ、九州の天文ハウスTOMITAが、K-ASTECの改造と調整を行って
いるので、K-ASTECでの改造後に出た症状を詳しく説明して、極望の
調整ができるか、問い合わせてはどうでしょうか。
また、これは、K-ASTECの作業ミスと思えるので、修理保障して
もらうべきでしょうね。
[ 2012/03/01 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/104-98b47d1d