久しぶりの撮影

8月25日に昨年12月以来、8ヶ月ぶりに高野辻ヘリポート近くに撮影に行って
きました。ここは、標高が、1200mあり、この日は、夜中には、気温が15℃近く
まで下がり、かなり寒かったです。冬用のダウンを持って行って正解でした。

月齢が、上弦過ぎだったので、現地に着いたのは、午後10時半を過ぎてました。
天気は、現地に着いてから午前1時ごろまでは、快晴でしたが、その後は、台風の
影響の南東の風で、雲が、襲来して明け方近くまで撮影できずで、薄明近くに
なって快晴になるも時間切れでした。

それでも曇るまでにCANON EF135mm F2Lで白鳥座のγ星周辺を何とかHa10分、4コマ
撮影できたので、よしとしましょう。

イメージ 1

露出時間:Ha 10分×4
カメラ:QSI583WS
冷却温度:-10℃
フィルター:Baader Planetarium Ha 7nmフィルター
レンズ:CANON EF135mm F2L 開放
ガイド鏡:ミニBORG60
ガイドカメラ:Lodestar
赤道儀 :EM-10 AGS-1X

CANON EF135mm F2Lは、さすが、F2だけあって、ピントが、シビアでした。
バスティノフマスクを使ってピント合わせてもピントが、甘いです。
このレンズを使うためのピントあわせの修行をせねばなりませんね。

この他にポラリエを初めて使って撮影もしました。
ポラリエを使っての感想としては、極軸を合わせる穴が、瞳の径よりも
大きいので、極軸を合わせやすいのですが、その分、極軸の精度が、悪いので
広角レンズでも露出が、5分を超えると流れていました。
こでも極軸をもう少し精度よく合わせる方法を考えなければならないことが
分かったのは、よかったです。
スポンサーサイト



[ 2012/08/29 22:38 ] 天体写真 | TB(0) | CM(8)

No title

身近に1200m越えがあるのは羨ましいです。
シーイングや透明度などいいんでしょうね。
こちらではせいぜいが600mなので話にならないです。

F2のピントは流石に苦戦されたようですが、カメラレンズのヘリコイドってほんと触れるだけで像が動きますから難しいでしょうね。
[ 2012/08/30 18:28 ] [ 編集 ]

No title

Sloさん、こんにちは。
高野辻ヘリポートへは、奈良県五條市にあり自宅から片道約2時間半は、
掛かります。高野辻ヘリポートでも標高は、1000mあり南は、紀伊山地
なので、南は、最高ですが、北は、大阪、奈良なので、最低です。

PENTAX-A☆ 200mmED F2.8も使っていますが、これよりもEF135 F2Lは
大変ですね。EFレンズは、基本オートフォーカスで、使うことが、前提
なのかマニュアルフォーカスの動きが、いまいちです。
[ 2012/08/31 00:33 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、けいけいと申します。短焦点望遠レンズと冷却CCDでかなり星雲が写るんですね。いい写真ですね!私はまだ改造デジカメ(常温)ですが、冷却CCDは処理が難しそうですし、なかなか高値の華です(;_;)
またブログを読ませていただいて参考にさせてください。
[ 2012/09/01 14:14 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、けいけいさん。
冷却CCD+明るいカメラレンズの組み合わせは、Haで、広角に撮影するには
有利ですが、カラーで撮影するには、やはり改造デジカメ+望遠レンズの
組み合わせが、一番ですね。
冷却CCDは、”難しい”というイメージがありますが、それほど難しい
ものではないので、あまり難しく考えないでください。
価格も最近は、フルサイズ改造デジカメよりも安くなっています。
ま、どういう写真を撮りたいかが、カメラを選ぶ基準なので、まずは
楽しんでください。
[ 2012/09/02 14:04 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。25日にヘリポートへ行かれたんですね。今年度になってお忙しく仕事をされているMさんもご一緒だったのでしょうか? 私は25日に、鶴姫へ今夏唯一の出撃をしてきました。この日、透明度が抜群に良かったですね。上弦の過ぎの月があると言うのに、天頂付近から北側にはうっすら天の川が見えていました。こんなときに限って月はなかなか沈まないですね。ようやく沈んだのが23時半くらいでしたでしょうか?それまでに準備が整っていたので、撮影開始。予定していたIC1396など2カットを撮影し、3カット目を撮ろうとしたら、鶴姫も午前2時ごろ急に曇りだしました。そういえば1時ごろに“南東の低空が曇りってるなぁ、大台ケ原の方かも。あの雲がこちらに来なければ良いが”と思っていました。ヘリポートが曇りだした時間帯と同じころでしょか。素晴らしい星空でしたので薄明まで撮影したかったのですが、でもまあ久しぶりの撮影で透明度の良い空を拝めたというだけでも本当にありがたいことです。モチベーションがあがりますね。この先、秋になってさらに良い空に恵まれるといいですね。その条件が新月~上弦の週末と重なると言うことなしです。
[ 2012/09/02 20:51 ] [ 編集 ]

No title

ゆぶさん、お久しぶりです。
25日は、MさんとKazさんと3人で、行ってきました。
同じ日に鶴姫に行かれていたのですね。お天気は、鶴姫も同じような感じ
だったのですね。
次は、9月の3連休なので、期待しましょう。
[ 2012/09/03 00:05 ] [ 編集 ]

No title

少々日にちがたち過ぎていますが・・・

QSIにカメラレンズの組み合わせもなかなか楽しそうですね。Haなら、月明かりの影響も小さいでしょうし。しかし、明るいレンズはフォーカスにシビアですね。開放でも周辺まで切れの良いこのレンズ、魅力的ですね。ナローバンドによる効果だけではないように思えます。
[ 2012/10/29 22:10 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、タネさん。
忙しく、なかなか更新できないのですが、コメントありがとうございます。
冷却CCD+カメラレンズは、Ha専用と割り切れば、結構楽しめます。
カラー合成では、Kiriさんが、上手に使いこなされています。

カメラレンズに関しては、確かに明るいレンズは、フォーカスが、シビア
ですね。また、最近のCANONのカメラレンズは、オートフォーカスで使う
ことが、前提なので、マニュアルフォーカスの動きが、悪いですね。
シグマや昔のPENTAXのマニュアルフォーカスレンズの方が、使いやいですね。
[ 2012/10/30 01:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/109-fb35e1c9