自宅南向きは・・・・

11月24日に自宅ベランダからGP赤道儀の撮影システムのテストを兼ねて馬頭星雲周辺を
QSI583WS+PENTAX-A☆ 200mmED F2.8で撮影しました。11月24日は、月は、大きかった
ですが、天気もよく透明度も良かったのですが、自宅の南向きは、大阪市内の方向
なので、天気が良くて、透明度が良くてもやはりHaでもオリオン座の上あたりまで
光害の影響があるようなので、月が大きいときはこんなもんですね。
自宅南向きの短焦点で明るい光学系でのワイドフィールド撮影は、難しそうです。
画像は、かなり強調処理してます。

それでも収穫は、自宅のベランダは、南向きで、北極星が見えないので、はじめて
冷却CCDを使ったオフセット法で、極軸を合わせたのですが、時間が、かかるものの
極軸のズレをPCのモニターで確認できるので、結構簡単に極軸を合わせることが
できました。
冷却CCDを使うと移動させた星の光跡が、すぐに確認できるというところが、この
極軸合わせのミソですね。

イメージ 1

馬頭星雲周辺
露出時間:Ha 15分×9
カメラ:QSI583WS
冷却温度:-10℃
フィルター:Baader Planetarium Ha 7nmフィルター
レンズ:PENTAX-A☆ 200mmED F2.8 開放
ガイド鏡:ミニBORG60
ガイドカメラ:Lodestar
赤道儀 :GP赤道儀+MTS-3SDI+
スポンサーサイト



[ 2012/12/02 15:56 ] 天体写真 | TB(0) | CM(2)

No title

Orcaさん、今晩は。春先に、豊天で16ICの不具合を見て頂きありがとうございました。

こちらも南天が相対的に開け二階屋内に機材をおいて星雲の可視化を楽しんでいます。最近は、ケンコーピラー脚を屋外に置き惑星・月など短時間観望を楽しんでいます。
自宅からの南中方向が、紀伊水道方向と言うことで、透明度が高く、市外の光害が少し収まる0時過ぎだと存外に淡い部分を写るようです。

今年のような新月期に天候条件の悪い時でも手軽に撮影できますのでどんどんブログにアップされるのを楽しみにしています。
[ 2012/12/03 18:50 ] [ 編集 ]

No title

sassanさん、こんにちは。
天頂近くから北向きになるとましになるのですが、南向きが、
大阪市内というのは、結構キツイですね。
そちらは、南中方向が、紀伊水道方向というのは羨ましいです。

今度、晴れたら望遠鏡の直焦点を試してみようともいます。
[ 2012/12/04 01:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/111-a4b15f76