M106系外銀河

1月12日に大芦高原で撮影したM106の画像を再画像処理してみました。

系外銀河のHII領域を強調する場合に使うHaフィルターは、散光星雲の撮影に使う
半値幅の狭いHaフィルターよりも半値幅が、10nm程度のHaフィルターの方が、経験上
良い結果が得られます。それでいうとAstronomikの半値幅13nmのHaフィルターは、
系外銀河に向いていると思いますね。

この日は、透明度が、イマイチな空でしたが、FSQ-106N+SXV-H9の組み合わせで、
ここまで何とか表現できました。

イメージ 1

M106
撮影地:岡山県大芦高原
露出時間:L 10分X5 R 5分X3 GB 5分X2 Ha 10分X2
フィルター:Astronomik LRGB Type2Cフィルター + Ha13nm
望遠鏡:FSQ-106N
カメラ:SXV-H9 + Atik EFW
ガイドカメラ:OAG9+SSAG
赤道儀 :EM-200Temma2

春は、系外銀河ばかりで、小さくて面白くないとよく聞きますが、私は、散光
星雲よりも系外銀河の方が、好きですね。
スポンサーサイト



[ 2013/01/20 17:03 ] 天体写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/114-f78d60be