アイソン彗星

10月12日に高野辻ヘリポートに行きましたが、撮影は、撮影を始めて1時間ほどで曇ってしまい
撮影しようと思っていた対象を撮影できませんでしたが、明け方近くには、ある程度天気が
回復したので、昇ってきたアイソン彗星は、撮影することができました。

イメージ 1

アイソン彗星
露出時間:L 10×3分
冷却温度:-15℃
フィルター:Baader Planetarium LRGBフィルター
望遠鏡:Sky90 F4.5
カメラ:QSI583 WSG
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :GP赤道儀+MTS-3SDI+

アイソン彗星の部分をトリミング

イメージ 2

この日のアイソン彗星は、火星の近くにあり見つけやすく双眼鏡でも見ましたが、結構ショボイ
かったです。13日明け方のアイソン彗星の明るさは、Cielの彗星データで、9.5等星と当初の
予測よりも暗いので、この先もあまり期待できそうになさそうですね。
昔、オースチン彗星の予測が、大きく外れて”大嘘チン彗星”とよばれたようにアイソン彗星は、
”大損彗星”とよばれるかもしれませんね。

最後に、この日の撮影機材の写真です。

イメージ 3

モーターは、一見するとMT-1のように見えますが、モーターは、高速導入できるステッピング
モーターに交換してあります。これで、MTS-3SDI+との組み合わせでGP赤道儀でもSky90を運用する
ことが、できるのですよね。
スポンサーサイト



[ 2013/10/21 00:18 ] 天体写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/129-0a4376d1