望遠鏡コントロールソフト

GP赤道儀用で使っているMTS-3SDIは、LX200コマンド互換なので、シリアル通信で
モータードライブを動かすソフトを作ってみました。
とわ言っても、LX200コマンドの東西南北の移動・停止コマンドを送るだけのソフトです。
使い方は、簡単で、接続するCOMポートを指定して、ソフトに繋ぐだけです。
あとは、東西南北のボタンを押せば押した方向に動きます。

イメージ 1


このソフトの元は、自作したLX200コマンド互換の自動導入モータードライブ用の
ソフトです。LX200コマンド互換のモータードライブは、全てのコマンド入力を
監視しているので、このソフト、LX200コマンド互換のモータードライブでしたら
SS2KやFS2でも使えます。

ソフトは、下記に置いておくので、興味ある方は、使ってみてください。
http://www.geocities.jp/ngc4826/download/tc/TC1.zip

ソフトは、VB6で作っています。もし、EXEファイルだけで動かないときは、下記サイトから
VB6 SP6ランタイムライブラリーをダウンロードして、インストールしてください。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se188840.html
スポンサーサイト



[ 2008/10/19 23:37 ] 電子工作 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/13-d76d264f