Windows XPは、終わりですね

昨年末に撮影に使っていたノートPCが、起動しなくなり、Windows XPのリカバリーを
行ってMicrosoft Updateで、必要なアップデートを行って、冷却CCDのドライバー
などをインストールして撮影環境を整えようとしたしたところStarlight XPressの
H9のドライバーは、インストールの途中で、フリーズして固まるは、QSIのカメラは、
ドライバーとMaxIm DL のプラグインは、インストールできてもMaxIm DLからQSIの
カメラを繋ごうとするとWindowsのデバイスマネージャーではQSIのカメラを正常に
認識しているのにイニシャライズエラーで、繋がらず。撮影に使う冷却CCDカメラ
全て使えない状態になってしまいました。

仕方がないので、OSを再度インストールし直して、Microsoft Updateを行う前に
Starlight XPressのカメラのドライバーをインストールすると問題なくインストール
できて、Microsoft Updateで、必要なアップデートを行った後でもStarlight XPressの
カメラは、使えるようになりました。
QSIのカメラは、ドライバーとMaxIm DL のプラグインを取っておいた2つ前のバー
ジョンに戻したところ正常にWindows XPから使えるようになりました。

QSIのカメラもStarlight XPressのカメラもWindows7のノートPCでは、全て使えて
いるので、差し当たって撮影には問題ないのですが、Windows XPは、2014年4月で、
サポートが終了するので、OSのアップデートを行うと更新プログラムのインストールの
順番などが、変わると、使えなくソフトが、出るようです。
Windows 2000のときもそうでしたが、Windows XPもOSの末期の症状が、出てきている
ので、トラブルなどで、使えなくことこ考えられるので、撮影用のノートPCもWindow7の
物を購入しました。
天文仲間の間でもWindows XPのPCで、不具合が、頻発するようになっているようなので、
重大なトラブルを起こす前に撮影用のPCは、新しいOSのPCにされることをお勧めしますね。
スポンサーサイト



[ 2014/02/03 02:37 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

おはようございます。
このような現象もあるのですね。
良くわからないのですが、linuxに対応したドライバーがある冷却カメラがありますが、これで組むとまだまだXPのパソコンが蘇らないかと思いましたが、考えが甘いでしょうか?
linuxに対応したガイドソフトや撮影ソフトがあるのかもわからないので、ご存知ないかと質問させていただきました。
[ 2014/02/03 07:07 ] [ 編集 ]

No title

NGCさん、こんにちは。
Windowsソフトの開発現場では、マイクロソフトの月例の更新プログラムを
当てるとコンパイラが、使えなくなることは、よくあります。
Windows XPは、サポートも終了するので、末期なので、Windows2000の
ときもそうでしたが、更新プログラムのパッチを当てると不具合の出る
ソフトや機器が、出てきているようです。
Linux対応のドライバーがあればWin XPのPCが、使えるかですが、Linuxも
高機能になっているので、CPUの能力次第だと思います。
QSIやStarlight XPressに対応したLinuxの撮影ソフトにGoQatという
ソフトがあります。
http://canburytech.net/GoQat/
[ 2014/02/04 02:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/138-ec0bf859