M106の画像を画像処理し直し

今年に入って、新月期に天気が悪く、撮影できないので、過去に撮影した画像を
画像処理し直して、遊んでいます。

この時期は、系外銀河ということで、M106の画像を画像処理し直しました。
カメラは、QSI540とSXV-H9で、撮影した望遠鏡は、FSQ-106Nです。このFSQ-106Nは、
旧タイプのフローライト鏡筒です。

QSI540で撮影したM106です。画角が広いので、M106周辺の系外銀河が、沢山
写っています。画面左のNGC4217は、大口径のドブソニアンでもよく見ます。

イメージ 1

M106
撮影日:2009年3月21日
撮影地:奈良県吉野
露出時間:L 9×10分 RGB 5×3分
冷却温度:-30℃
フィルター:Baader Planetarium LRGBフィルター
望遠鏡:FSQ-106N
カメラ:QSI540 WSG
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :EM-200Temmm2

こちらはSXV-H9で撮影したM106です。この周辺は、恒星が少なく深宇宙を見る
ことができるところなので、背景に遥か遠方の系外銀河が、沢山写っています。

イメージ 2

M106
撮影日:2013年1月13日
撮影地:岡山県大芦高原
露出時間:L 10分X5 R 5分X3 GB 5分X2 Ha 10分X2
フィルター:Astronomik LRGB Type2Cフィルター + Ha13nm
望遠鏡:FSQ-106N
カメラ:SXV-H9 + Atik EFW
ガイドカメラ:OAG9+SSAG
赤道儀 :EM-200Temma2


どちらも同じ望遠鏡で撮影していますが、CCDやフィルターの感度特性の違いも
ありますし、撮影した時期も場所も違い、SXV-H9で撮影した画像は、Haもブレンド
しているので、バックがかなり違いますよね。
ただ、このFSQ-106Nは、フローライト鏡筒だけあって、解像度は抜群ですね。
スポンサーサイト



[ 2014/02/12 01:15 ] 天体写真 | TB(0) | CM(4)

No title

岡山の方は分りませんが、吉野の夜は真っ暗という印象がありましたが、フィルターをお使いということは、いくらか光害があるのでしょうか
両方とも綺麗で素晴らしいです
[ 2014/02/12 03:05 ] [ 編集 ]

No title

鯛子さん、こんにちは。
空は、吉野の方が、岡山よりも暗いように思います。
岡山で撮影した画像は、電離した水素ガスが、放つ光だけを透過する
フィルターを使って赤色を強調しているので、どうしてもカラー
バランスが、悪くなってしまいますね。PhotoShopで、色補正して
いますが、これが限界ですね。
[ 2014/02/13 02:09 ] [ 編集 ]

No title

こういう銀河沢山画像もいいですよね~!
SXV-H9とQSI540をお使いなのですね!
H9もいいカメラですよねー。てなばなしたのをこれほど後悔したカメラは無い気がします。
ST10XMEもお借りして使ったのですが、ST10XMEとSXV-H9なら、後者を評価します。
SXVR-H694もいいカメラなんですが、さすがに画素サイズが細かすぎです。
でも、フォトコンにはやっぱり画素数も重要か・・・(´・ω・`)ショボーンと痛感させられてますが(H9,ST8XME時代に較べて入選数は伸びてるので)
画質的には実質的な向上はしてないんだけどなぁ・・
[ 2014/02/13 14:15 ] [ 編集 ]

No title

UTOさん、こんにちは。
系外銀河は小さくて、面白くないとよく聞きますが、FSQ-106+QSI540くらいの
画角で撮影すると周りの小さな系外銀河まで沢山写って結構面白いですよね。
あと、M106の周辺は、よく見ると遥か遠方の系外銀河も沢山写っていて、
銀河の泡構造も見ることが、できるのですよね。
系外銀河は、どれも個性があって撮っても面白いですし、大口径のドブで
見ても面白いので、好きですね。
H9は、系外銀河を撮影するには最高のカメラだと思いますね。
H694は、画素サイズが、H9よりも小さいので大変だと思いますが、感度が
H9よりも高いので、系外銀河にはよいのではないでしょうか。
よく、望遠鏡やカメラの性能を言いますが、手持ちの機材で成果を得るのは
結局のところ”そこは、戦術と腕かな。”なんですよね。
[ 2014/02/14 02:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/140-8601b614