新しいEL用インバータを作りました。

前のEL用インバータを作ってから10年近くなるので、新しいEL用インバータを作りました。
今回のEL用インバータは、発振回路を変えて、LEシートの調光をPWM制御で、行うようにしました。
と言っても、基本的な回路は、最近のLED照明で使われている方式と同じですが、回路は、発振回路と
コンパレータだけで構成されているシンプルな物です。

この新しいEL用インバータを作るに当たって一番大変だったのが、電圧を変換するトランス探しでした。
トランスは、交流電圧を変換する電子部品で、ありふれた物ですが、ELシートを発光させるためには、
周波数約1KHzで、100V以上の交流電圧が、必要になるのですが、1KHz=1000Hzもの高周波で使える電力用
トランスなどなかなかありません。
発振回路とPWM回路は、簡単に作れたのですが、ELシートを発光させて、明るさと調整させることのできる
トランスを10個近くをテストして、やっと使えるトランスを見つけました。おかげで、使えなかったトランスが
部屋にゴロゴロしてます。

この新しいEL用インバータでは、幸いにも基板付けのタイプの物が、使えたので、1枚の基板にできたので、
小さくすることができました。
新しいEL用インバータの大きさは、前のタイプの半分になり、重さは、1/3になりました。
イメージ 1

イメージ 2


今回、新しいEL用インバータを作ったことで、分かったことは、最近のELシートは、ELシートの大きさが、
変わっても明るく光る周波数が、変わらないことです。私が、EL用インバータを最初に作ったころは、
ELシートの大きさが変わると、明るく光る周波数も変わっていたので、周波数の調整を付けました。
新しいEL用インバータでも周波数の調整は、基板上のボリュームで、できるようにしてありますが、
外部には、出していません。

ということで、EL用インバータが、小さく、コンパクトになりました。
スポンサーサイト



[ 2014/07/12 20:25 ] 電子工作 | TB(0) | CM(2)

No title

これは小さくなって良いですね。
使えるトランスを見つけるのは大変だったでしょう。
私も次はA3サイズのELシートが欲しくなりそうです。
頒布されるようでしたら教えてください。
[ 2014/07/12 21:47 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんにちは。
トランス探しは、苦労しましたが、良い物ができたと思います。
頒布ですか・・・。頒布するとなると1個¥15000くらいになりますね・・・。
[ 2014/07/13 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/147-10a6a0ad