Bluetoothでの通信テスト

最近は、天文の機器もタブレットやスマホの天文アプリから自動導入を行う場合もあるので、
実験用にBluetooth-シリアル通信変換ボードを作ってみました。

今回のテストボードでは、SparkFunのBluetooth Mate GoldというBluetoothモジュールを使いました。
SparkFun:https://www.sparkfun.com/products/12580
千石電商:http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4F36
ストロベリー・リナックス:http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=18032
イメージ 1


Bluetooth Mate Goldの通信は、TTLなので、シリアル通信で使う場合は、シリアル通信ICを介してやる
必要が、あります。Bluetooth-シリアル通信変換の回路は、至って簡単で、以下のような回路に
なります。
イメージ 2


で、作った実験ボードが、下です。マイコンのシリアル通信用に作ったボードにBluetoothモジュールを
追加したので、不恰好ですが、Bluetoothの通信実験には、これで十分です。
イメージ 3


使い方は、赤道儀やモータードライブとシリアル通信ケーブルで、Bluetoothモジュールを繋いで、
Bluetoothモジュールに電源を繋ぐだけです。PCなどとの接続は、一般的なBluetooth機器と同じです。
天文ソフトとの接続は、Windows PCの場合は、以下のようにBluetooth Serial Portが、できるので
このCOMポートに接続します。
イメージ 4


このBluetooth-シリアル通信変換で、MTS-3SDI+と自作の汎用自動導入モータードライブで、
PCは、ASCOM経由で、Ciel Ver3.8、タブレットは、Nexus7で、SkySafari Plusとテストを行い
ましたが、どりらも無線接続で、自動導入を行うことが、できました。
タカハシのTemmaについては、シリアル通信の接続方法が、特殊なので、今回はテストして
いませんが、近いうちにてすとしてみたいと考えています。

今回Bluetoothの通信実験に使ったSparkFunのBluetooth Mate Goldは、元々、マイコンのBluetooth
通信用に購入したものなので、設定の切り替えで、マスターとスレーブを切り替えられるなど
高機能なので、高価ですが、赤道儀をBluetoothで、PCとリンクするだけならばスレーブ機能だけの
Bluetoothモージュールが、あるので、そちらを使うと、安くBluetooth-シリアル通信変換を作る
ことが、できますし、Bluetooth-シリアル通信変換としては、既存のものをBluetoothで、通信を行う
という形で、よいと思います。電源は、DC12Vを供給して使うものでよいので、これをベースに戸外でも
使えるように小さくして、ケースに収めたいと考えています。
スポンサーサイト



[ 2014/08/24 06:02 ] 電子工作 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/152-588175d1