FLIの新しい冷却CCDカメラ

コダックを引き継いだTRUESENSEのKAF-50100を搭載した冷却CCDカメラが、でましたね。
KAF-50100は、PENTAX645Dに搭載されていたCCDですが、このCCDは、マイクロレンズ仕様で、
感度が、格段に高くなっています。
CCDのサイズは、49.1mm X 36.8mmで、KAF-16803よりも横に長く、1ピクセル6ミクロンで、
画素数は、5000万画素。
http://www.flicamera.com/51.html
KAF-50100を搭載したProLineのカメラは少し前に発売されてましたが、MicroLineでもFLIの
ラインナップに出ているので、近いうちにでるでしょうね。
http://www.optcorp.com/fli-proline-kaf-50100-monochrome-65mm-shutter.html
ちなみにPL50100の価格は、$15995。日本円で、約170万円です。

ラージフォーマットの冷却CCDは、無くなるのではないかと噂されていますが、ラージ
フォーマットのCCCDは、コダックを引き継いだTRUESENSEによって供給されています。
ただし、工業用カメラメーカーや研究用途のカメラを製造するメーカーに優先的に
供給されているようで、アマチュア向けの天文用のラージフォーマット冷却CCDカメラを
製品として出せるのは、研究用途の冷却CCDを製造しているApoggee、FLI、QSIに限られる
かもしれませんね。
スポンサーサイト



[ 2014/10/28 02:02 ] 機材 | TB(0) | CM(6)

No title

ついにこのCCDを搭載したラージフォーマットカメラがでましたか。フィルターサイズが65mmになりフィルターホイールも巨大化して重量アップするので、接眼部も4インチくらいに別にしないと駄目ですから大変コストがかかり、普通のアマチュアには手が出せそうにないですね。フィルターもHαなんか3000ドルオーバーしましから、全部で300万円超えですか!
でもこういうグレードが存在するのが重要で、技術の進歩に寄与するのでこういうのが、出続けて欲しいですね。
[ 2014/10/28 06:53 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは
すごい冷却CCDが出ましたね。
ラージフォーマットの冷却CCDはなくなるかもって思っていましたが、
希望はまだ捨ててはいけない気がしてきました。
でもこの価格は庶民には手が出せませんね。
宝くじでも当選しないかなぁ~
ピクセルサイズも丁度良い気がします。
系外銀河なんぞ撮影したらたまらないですね。
5000万画素ですか、喉から手が出てきそうです。
[ 2014/10/28 21:13 ] [ 編集 ]

No title

NGCさん、こんにちは。
KAF-50100は、PENTAX645Dのときは、マイクロレンズなしのCCDだったので、
感度は、低かったですが、今回のマイクロレンズ仕様になって、高感度に
なりましたね。
フィルターホイールは、枠は、長方形になりますが、従来の物が、使えるようです。
このクラスのカメラになると今は、無いPENTAXのSDPシリーズや、私も使って
いますが、タカハシのFSQ106フローライト鏡筒は、十分な良像範囲が、あり
ますが、今の国内メーカーの望遠鏡では、使えませんね。
海外では、APM-LZOS(旧TMB)やAstroPhysicsでは、口径13cmクラスになると
接眼部は、3インチになりますし、大型のアストログラフやRCも3インチクラス
になるので、このカメラを使うためにはこのクラスの望遠鏡が、必要ですね。
このクラスのカメラは、ApoggeeもFLIも実際の観測用のカメラとしても使われて
いますし、一般ユーザーの購買層は、富裕層なので、価格は、非常に高価に
なりますね。
[ 2014/10/29 01:04 ] [ 編集 ]

No title

タキさん、こんにちは。
ラージフォーマットの冷却CCDは、天文用途だけでなく蛍光観察や
工業用途、軍事用途で、必要なので、無くなりませんよ。
先にも書きましたが、このクラスのカメラは、天文研究の観測用
カメラとして使われていますし、購買層は、富裕層をターゲットに
しているので、非常に高価ですね。
それにもまして、このクラスのカメラを使うためには、かなりの
天体望遠鏡が、必要になるので、庶民には、大変ですね。
[ 2014/10/29 01:29 ] [ 編集 ]

No title

これ僕も気になってました。
それに見合う光学系が一番大事なんでしょうが、確かに今の日本の望遠鏡では中々選択脈は限られてくるのでしょうね。
OPTでPLシリーズが売られていますが、QEが恐ろしく低い値ですね。
microlensの関係でしょうか。
[ 2014/10/29 12:11 ] [ 編集 ]

No title

sloさん、こんにちは。
これだけ大きなCCDになると使える光学系は、かなりハイエンドの
ものに限定されますね。それでいうと、PENTAXのSDPシリーズや
FSQ-106フローライト鏡筒は、貴重だと思います。
OPTのPL50100のCCDは、マイクロレンズではないので、感度が
低いのでしょうね。
[ 2014/10/30 02:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/159-f1a34717