星空研究会に参加してきました

22日、23日に西はりま天文台であった星空研究会に参加してきました。
全国からデジタル天体写真の愛好家が、集まっての勉強会で、皆さんの
画像処理の方法は、大変勉強になりました。

K-ASTECのK氏も来られていて、いろいろモータードライブや赤道儀に
ついてお話ができて大変参考になりました。なかでもK氏のEM-200の
お話を聞いて、帰宅して、EM-200を持ち上げて”振った”人も多かった
のではないでしょうかね。

私は、ドイツ製のモータードライブMTS-3SDIを持って行き夜の部で
皆さんにその動きを見てもらいましたが、手のひらサイズでありながら
マイクロステップ64分割で恒星時駆動では無振動の動きには、皆さん
驚愕されていましたね。
他にも自作のフォーカスコントローラ http://homepage3.nifty.com/~prius/index_astro.html
を作られている方ともお話ができてよかったです。

夜のお天気は、予報では、良いように出ていましたが、それほどでも
なくあまり良くなかったのですが、午前2時を過ぎたころから晴れて
透明度も良くなったので、EF300さんと二人で、4時ごろまで撮影を
しました。今回は、天気の良い時間が短かったので、MTS-3での自動
導入操作とオートガイド、Sky90+レデューサー+CFW-8+SXV-H9の
ピントテストで終わりましたが、結果は、良いもので、これから
このシステムで、十分使えることが分かりました。
撮影中は、オートガイドなので、宿泊塔の談話室で、Mさん、黒ひげさん
EF300さん、yottyanさんと4時ごろまで話をしていました。

普段は、ネットでしかお話ができない人とお会いすることができて
大変楽しい時間でした。

今回、星空研究会に参加して思ったことは、一度CANPや星空研究会
などの研究会で、ASCOMについての解説とオートガイドや星図ソフト
と連帯しての使い方のお話をしないといけないとFS2やMTS-3のドイツ製
自動導入モータードライブの正式な紹介をしないといけないと思いました。

スポンサーサイト



[ 2008/11/25 00:36 ] 天体写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/18-258da4fb