IC1805の画像を画像処理し直してみましたが・・・。

8月16日に撮影したIC1805の画像をHa画像の混ぜ方を変えて、LHaRGB合成して
画像処理し直してみました。
イメージ 1

IC1805
撮影日:2015年8月16日
撮影地:高野辻ヘリポート
露出時間:L 7×10分 RGB 3×10分 Ha 10分×2
望遠鏡:FSQ-85ED F3.8
カメラ:QSI583 WSG
冷却温度:-15℃
フィルター:Baader Planetarium LRGBフィルター Haフィルター 7nm
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :EM-10赤道儀+MTS-3SDI+

この画像では、カラー成分のRGBが露出時間が不足しているので、HaRGB合成すると
星雲が、ピンク色になるのが大きく、これを抑えるの苦労しましたが、これ以上は
無理です。

使ったHaフィルターの半値幅が、7nmなので、露出時間が、短くてもHa画像の輝度が
高くなりG、Bの画像が、負けてしまい、出来るカラー画像は、ピンクが、強く出て
しまいます。G、Bの画像が、多ければもう少しましになると思うのですが、HaRGB合成
する場合、Haフィルターは、半値幅が、広いファイルターを使う方が、よさそうですね。
スポンサーサイト



[ 2015/08/30 06:03 ] 天体写真 | TB(0) | CM(4)

No title

確かにそうですよね。
バーダーあたりで、30nmモノがあったと思いますが、いいところをついてますよね。
星がある程度写ってくれないと、バランスのとりようがないし、難しい・・。
[ 2015/08/30 13:34 ] [ 編集 ]

No title

UTOさん、こんにちは。
HaRGB合成やHaGB合成では、Haの輝度が、G、Bに比べて高くなるので
Haの半値幅を広くするか、Rの半値幅を狭くするのが、ベストなの
ですよね。
バーダー半値幅35nmのHaフィルターが、あるので、使ってみようかと
考えています。
[ 2015/08/31 01:40 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは
ちょっとお久しぶりです。

うう、難しい会話でついていけないな・・・
どうしてピンク色になるのかさえもわかりません(^^;

そうそう、そう言えば、ぴんたんさんのブログで
過去にこんな記事がありましたが、
本件はこれに該当するのでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/toshiyaarai/19323629.html
[ 2015/09/06 01:41 ] [ 編集 ]

No title

タキさん、こんにちは。
Haを混ぜるとピンクになるのは、先にも書いていますが、
Haの輝度が他に対して高いからです。
なので、これのHaだけ輝度の高いのを何とかしないと
画像が、どうしてもピンクになります。
ぴんたんさんの紹介されている方法は、その一つです。
[ 2015/09/07 01:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/188-30acec16