GP赤道儀をテスト

三連休は、日曜の夜まで天気が悪く、日曜も天気が読めず、夕方まで遠征に
出るか相談していましたが、夜の天気も読めないということで、遠征は、
中止しました。
この連休中の遠征は、無くなりましたが、日曜は、夜半を過ぎたころから
自宅でも快晴になったので、午前1時を過ぎてから先日オーバーホールした
GP赤道儀のテストを自宅ベランダで、行いました。
一番知りたいことは、寒くなったときに赤道儀が、冷えても高速で、自動導入
できるかなのですが、この時期では、夜中でもそれほど寒くならないので、
これは、もっと寒くなってから調べることにして、まずは、ガイドが、正確に
できるか確かめるためにIC2177カモメ星雲を撮影してみました。
10月も中旬になると午前1時を過ぎるとシリウスが、高くなるので、夜明け
までならHaで、撮影できるので、ちょっと早いですが、撮影してみました。
急いで準備したので、構図が、少しずれていますが、写りは、夜中だったので、
南の低空でも空が、そこそこ良かったので、まずまずです。

イメージ 1

IC2177 カモメ星雲
撮影日:2015年10月12日
撮影地:自宅ベランダ
露出時間:Ha 13×10分
望遠鏡:FSQ-85ED F3.8
カメラ:QSI583 WSG
冷却温度:-15℃
フィルター:Baader Planetarium Haフィルター 7nm
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :GP赤道儀+MTS-3SDI+

ガイドは、PHD2で行いましたが、ガイドの結果は、グラフを観察すると赤経が、
±1.5ピクセル程度で、ハンチング気味でした。
元々、GP赤道儀に使っているモーターは、PM型のステッピングモーターで、1回転の
ステップ数が、48ステップで、荒いので、MTS-3SDI+で、マイクロステップ64分割で
動かしても基本ステップが、荒いので、ガイドのグラフは、荒いのですが、オーバー
ホール前よりも少し悪いので、もう少し調整して、再テストを行う必要が、ありそうです。

今回のテスト撮影では、QSIのカメラとFSQ-85EDのレデューサーを繋ぐリングを新しく
したので、そのテスト兼ねていましたが、若干バックフォーカスが、合っていなかった
ようで、周辺の星像が、悪いです。
こちらもバックフォーカスが、長いのか、短いのかを調べて、調整して再テストです。

ということで、GP赤道儀は、赤経側のウォームギアを再調整して再テスト。
QSIのカメラとレデューサーを繋ぐ新しいリングも再調整して再テストとなりました。
スポンサーサイト



[ 2015/10/13 02:04 ] 機材 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/195-d1a465d2