ドイツ製モータードライブ

ドイツのboxdoerfer http://www.boxdoerfer.de/#home の汎用モータードライブMTS-3 SDI+
を購入しましたが、さすが、ドイツ製で、小さいですが、日本のモータードライブは足元にも
及ばない性能です。
マイクロステップ64分割で、恒星時駆動でステッピングモーターが、無振動で回転します。
自動導入時でも200倍速で、モーターを回しても無振動で回転します。スゴスギです!
自動導入速度もモーター次第で、最大で3600倍速まで設定できます。
また、MTS-3 SDI+は、汎用なので、赤経、赤緯の恒星時駆動周波数などを設定ファイルに
書き、これを専用の書き換えソフトで、内臓のEEPROMに書き込むことで、設定を変更できます。
今回は、購入した時が、ユーロが、高くMTS-3 SDI+本体だけを購入しましたが、別売りの付属品に
LCD表示器もありこれを付けるとモータードライブの状態などを表示できます。また、ケー
ブルも購入しませんでしたが、これは、マニュアルにピン配置が詳しく書かれているので
付属のコネクタで作りました。

MTS-3 SDI+は、中、小型赤道儀用モータードライブで、モーターの電流容量は、1個当たり1Aで
NJPクラスまでの赤道儀で使えます。
これ以上大きなクラスの赤道儀には、モーター1個当たり3.2Aの容量を持つDynoStar X3という
1つ上のクラスのモータードライブもあります。

MTS-3 SDI+は、機能も多彩で、駆動モードも恒星、太陽、月を選択可能、PEC機能にバックラッシュ
補正機能が付いています。
また、LX200コマンド互換なのでASCOM対応で、Generic LX200かSkySensor2000-PCで接続します。
もちろんオートガイダー対応です。

イメージ 1


EM-200Temma2のハンドBOXと並べてみましたが、同じ位の大きさにTemma2よりも高機能なシステムが
入っています。

イメージ 2


現在、GP赤道儀にモーターを日本パルスモーターのPF35T-481314G コイル抵抗2.2Ωに交換して
テストしていますが、これではコイル抵抗が低すぎてモーターに電流を流しすぎてモーター
ドライブのドライブICの容量を超えてしまい2軸同時駆動ができないので、日本パルスモーターに
コイル抵抗6.5Ωのモーターを注文しています。これが届くと本格稼動になると思います。

しかし、ドイツ製のモータードライブは、ASTRO ELECTRONIC http://www.astro-electronic.de/
のFS2も実物を見ていますが、ドイツ製のモータードライブは、でれもすごい物ばかりですよ。
日本製のモータードライブも悪くはないのですが、現在、この手の制御装置は、マイコンで
制御しておりハードウェアの性能よりもマイコンの中のソフトウェアの良し悪しで決まるという
ことをいい加減理解して欲しいですね。
スポンサーサイト



[ 2008/08/18 01:39 ] 機材 | TB(0) | CM(11)

No title

MTS-3のアドバイスありがとうございました。
このMTS3の上のクラスもあるのですか。
これを将来買って自動導入化したいですね。でもモータドライブのことがよくわからないので、どのモーターを買って変速ギアがいるのかいらないのかとかギア比をどうするのか皆目わかりません。
色々教えてください。
[ 2012/06/18 01:46 ] [ 編集 ]

No title

NGCさん、こんにちは。
MTS-3の上には、DynoStar X3があり1.6Aバージョンと3.2Aバージョンが
あります。MTS-3は、使えるモーターに制限がありますが、DynoStar X3は
電流容量が大きいので、あまりモーターの制限がありませんが、MTS-3も
DynoStar X3も設定が、難しいので、もし、大型赤道儀で使われるのでし
たら同じ汎用自動導入モータードライブのASTRO ELECTRONICのFS2が、
よいと思います。
[ 2012/06/19 00:39 ] [ 編集 ]

No title

早速ご回答ありがとうございます。
ご想像の通りでアスコSX260用の汎用自動導入機を探しております。
やはり、FS2の方がいいですか。
問題は今のままのモータとギアで高速導入できるのか、そのままモーターをほかの代えるのかとかわからないことだらけです。駆動方式とウオームの歯数の関係とか全くわかりません。
色々とお教えください。
[ 2012/06/19 01:04 ] [ 編集 ]

No title

NGCさんのブログは、拝見しています。
アスコのSX260ですと、かなり昔の赤道儀ですので、使われている
ステッピングモーターのコイル抵抗も大きいですし、モーターに
付いている減速ギアもギア比が大きいので、恐らく24Vでも40倍速
くらいではないでしょうか?
高速導入にされるのでしたらモーターをオリエンタルモーターの
HB型のステッピングモーターに交換しないと無理ですね。

FS2はバイポーラ駆動なので、高トルクのPKPシリーズのSHギア付き
60mm角のPKP264D14Aシリーズが使えると思います。
http://www.orientalmotor.co.jp/hppwc/HMD0101.do?wid=ja001003003010002003&lng=ja
減速比は、大きくなると導入時の最高速度が、低くなります。
[ 2012/06/20 02:01 ] [ 編集 ]

No title

モータードライブの設定については、FS2は、日本の方が、翻訳
された日本語のマニュアルがあるので、これを見れば赤道儀の
設定値の計算方法が、詳しく書いてあります。
マニュアルは、ASTRO ELECTRONIC http://www.astro-electronic.de/
からダウンロードできます。
[ 2012/06/20 02:02 ] [ 編集 ]

No title

ありがとうございます。
マニュアルは存知上げております。今のモーターのスペックがわからないのが問題で、始めからモーターとギアの仕様がわかれば、FS2はなんとかなりそうですね。まあ、直ぐに交換するにもいい値段しますので、しばらく先になりそうです。しかし、古い機材が蘇り出来る機材が手に出来るいい時代になりました。ちなみに、モーターはどこから簡単に買えますか?、お勧めがあればご紹介ください。
[ 2012/06/20 06:32 ] [ 編集 ]

No title

オリエンタルモーターのモーターは、ホームページから
直接1個から注文できます。

今は、古い赤道儀でも汎用の自動導入モータードライブを
使えば比較的簡単に再生できますね。
国内では、K-ASTECやNS企画が、大型赤道儀にも対応して
いますが、汎用性では、FS2やMTS-3、DynoStar X3が、
優れていますね。
[ 2012/06/21 01:57 ] [ 編集 ]

No title

いつも丁寧なアドバイスありがとうございます。
やはり、オリエンタルモーターは直販でしたか。同社のホームページよく見てみます。
おっしゃる通り汎用製とソフトの対応を考えると、EZEUSよりFS2かと思いました。
同じオリエンタルモーターが着いていますので、交換し易いと予想しています。
また、不明点がある際には御質問させてください。
[ 2012/06/21 06:52 ] [ 編集 ]

No title

E-ZEUSは、星羊翁さんが、ASCOMドライバーを作られて公開されていて、
私もK-ASTECで改造したEM-10 AGS-1Xで使っています。
ただ、本格的な観測となるとLX200コマンド互換の方が、対応する
ソフトが、多いと思います。
モータードライブで、何かありましたらまた、聞いてください。
[ 2012/06/23 03:47 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさん、こちらでは初めましてです。
ふにゃ太郎と申します。こちらのブログはときどき拝見させていただいております。
現在、NJPをピクシスで駆動しておりますが、
ノブオ電子もサポートもしていない状態なので、
そろそろ別なモータードライブをと考えているところで、
MTS-3の記事を探していたら、こちらにたどり着きました。
LX200コマンド互換というのはとても魅力的ですね。
とても参考になりました。ありがとうございました。
[ 2013/10/17 09:28 ] [ 編集 ]

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
参考になれば幸いです。
[ 2013/10/18 01:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/2-4e3e045c