系外銀河のHII領域を強調する方法

今年になってから週末の天気が、悪く撮影できていません。私は、系外銀河が好きなので、
この時期が、一番楽しみなのですが、しかたないですね。
系外銀河の撮影が、できないので、系外銀河のHII領域を強調する方法を書きます。

系外銀河でもM81やM101には大きな散光星雲が、腕の中にポツポツと写りますが、これを
強調して表現することは、なかなか難しいですよね。
この系外銀河の中になる大きな散光星雲の塊のHII領域が、強調できない理由は、天文学の
基礎的な知識が、あれば容易に分かると思います。

答えは、簡単、”宇宙は、加速膨張している”ということです。つまり、系外銀河は、私達の
銀河系が、属している局部銀河群のアンドロメダ銀河や大、小マゼランなど一部の系外銀河
以外は、私たちから遠ざかっており、その光は、近い系外銀河であっても赤方偏移の影響を
受けているということです。

系外銀河は、アンドロメダ銀河や大、小マゼランなど一部の系外銀河以外は、比較的近い銀河でも
宇宙の加速膨張に伴う赤方偏移の影響があります。
つまり撮影する系外銀河の光の波長が、全体的に波長の長い赤にシフトしています。
ことにHaの波長は、656nmよりも微妙ではありますが、波長が、長くなっています。
そこで、M81やM101、M106など比較的HII領域が、はっきりと分かる系外銀河の撮影で、HII領域を
強調するために散光星雲を撮影するときに使われる半値幅の狭いHaフィルターを使用し場合、
系外銀河から出ているHaの波長のピークが、656nmよりも長くなったことでHaの光の透過率が、
低くなり系外銀河のHII領域を強調することが、難しくなります。
そこで、系外銀河のHII領域を強調するためには、半値幅の比較的広いHaフィルターを使用すれば
ストライクゾーンが、広くなり系外銀河のHII領域を強調させることが容易になります。
ただし、散光星雲の画像にHa画像をブレンドするとカラーバランスが、崩れるのは、同じなので
画像処理の手間は、散光星雲の画像処理と同じです。

下の画像は、過去にAstronomikの半値幅13nmのHaフィルターを使用して撮影したM81とM106の
画像です。半値幅が、13nmになるとHaの波長が、多少赤方偏移しても透過率が、高いので、
R画像にHa画像をブレンドすると系外銀河のHII領域がよく出ます。

イメージ 1

M81
撮影年月日:2013年1月12日
撮影地 岡山県大芦高原
露出時間 L 10分X7 R 5分X4 GB 5分X3 Ha 10分X2
フィルター Astronomik LRGB Type2Cフィルター + Ha13nm
望遠鏡 FSQ-106N
カメラ SXV-H9 + Atik EFW
ガイドカメラ OAG9+SSAG
赤道儀 EM-200Temma2

イメージ 2

M106
撮影年月日:2013年1月12日
撮影地:岡山県大芦高原
露出時間:L 10分X5 R 5分X3 GB 5分X2 Ha 10分X2
フィルター:Astronomik LRGB Type2Cフィルター + Ha13nm
望遠鏡:FSQ-106N
カメラ:SXV-H9 + Atik EFW
ガイドカメラ:OAG9+SSAG
赤道儀 :EM-200Temma2

どちらの画像もHaが、10分2枚しかブレンドできていませんが、銀河内のHII領域が、よく分かる
ようになっています。Haを10分4枚くらいR画像にブレンドすればもっとはっきりと銀河内のHII領域が、
分かるようになると思います。
最近では、Baader Planetariumから半値幅35nmのHaフィルターが出ているので、これですと
このHaフィルターをRフィルターにするとHaフィルターでの撮影が、必要なくなるかもしれない
ので、機会があれば試してみたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2016/01/24 05:20 ] 天体写真 | TB(0) | CM(2)

No title

大変参考となる投稿有り難うございます。丁度手元にあるHαフィルターがastronomikの13nmのHαフィルターでした(これしか持っていませんが(^_^;))
これから系外銀河の季節となりますのでHαも一緒に撮影してみます。
[ 2016/01/24 08:42 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、のんたさん。
系外銀河のHII領域を強調すには半値幅の広いHaフィルターが、
有効ですが、散光星雲でもRGB合成に混ぜるのであれば半値幅が、
広い方が、使いやすいですね。
[ 2016/01/26 02:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/207-06da7532