手持ちの物で、極軸を正確に合わせる方法

今年は、年明けから天気が悪いので、未だに撮影できていません。
という訳ではないですが、極軸を追い込む方法を紹介します。

日本では、極軸合わせは、赤道儀付属の極軸望遠鏡で行いますが、極軸望遠鏡の
レチクルの精度や極軸望遠鏡の偏心などで、極軸合わせで、十分な精度出ない
などで、極軸を正確に合わせるためや補正したりするために最近ではPoleMaster
が、販売されていますが、結構高価です。

ですが、少し考えれば、手持ちの物で、極軸を正確に合わせる方法は、あります。

極軸を合わせるとは、赤道儀の回転軸を地球の地軸と平行にすることです。
つまり赤道儀の赤経軸をできるだけ地球の地軸と平行にできればよいわけです。
要するに赤道儀を設置した場所で、誤差範囲で、正確な日周運動の中心を割り出して
赤道儀の赤経軸をそこに持ってゆけばよいわけです。

用意するもの
・自動導入機能のある赤道儀、モータードライブ、または、PCと接続可能な
 スーパーナビゲーターなどの導入支援装置。
・自動導入機能のある星図ソフト Cartes du Cielやステラナビ
・GPS

GPSは、GarminのハンディーGPSや秋月電子通商で販売されているGPSデータロガーなど
GPSを使って緯度・経度を測定できるもの。
GPSデータロガー
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09272/

GPS機能のあるスマホやタブレットでは以下のようなアプリをを使って緯度・経度を測定を行います。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gpscoordinatesandlocation&hl=ja


手順
1、赤道儀を設置するときに水準器を使って、赤道儀の水平を出します。

2、極軸望遠鏡で、極軸を合わせます。

3、撮影場所の緯度・経度をGPSで、測定します。このときGPSの時計で、自動導入に
  使うPCの時刻も合わせておきます。

4、星図ソフトの観測場所の設定で、GPSで測定したデータを入力して、現在時刻の
  星空を表示させます。

5、東の空にある1等星を望遠鏡の視野の中心に入れて、星図ソフトでアライメントを
  行います。
  続いて、自動導入で、西にある分かりやすい恒星(できれば1等星)を導入します。
  導入後、導入した恒星が、視野の中心に来るように赤道儀の水平と垂直の微動で
  調整します。導入した恒星が、視野の中心に来たところで、アライメントを行います。
  同じ手順で、全天の1/3程度の範囲で、北、東、南の順に見えている恒星を利用して
  3点から6点で、調整とアライメントを繰り返して極軸を追い込みます。

この方法で、かなりのところ極軸を追い込むことができます。しかし、極軸合わせの
精度とオートガイドの精度は、別物です。
PHD2やMaxIm DLなどで、ガイドのグラフの赤緯(Dec)のグラフが、ほとんど変化しない
状態であれば、十分な精度で、極軸が、合っていりと判断できます。
手持ちの機材で、できるので、どうでしょうか?

赤道儀の極軸の追い込みや確認は、PHD2のドリフト機能でもできます。
PoleMasterを購入すのもよいですが、手持ちの機材で、同じことができなか、まずは
考えてみてください。
スポンサーサイト



[ 2016/03/06 18:09 ] 機材 | TB(0) | CM(6)

No title

なるほど!目から鱗な感じです。
最近はコントローラからポーラーアライメントばかりでした。少し方法を変えれば、ハンドコントローラのアライメント精度向上にも応用出来そうですね。
[ 2016/03/07 08:46 ] [ 編集 ]

No title

この方式はロスマンディのGEMINIについています。
最終的には、ドリフトアライメントなどの方が精度が高いです。
[ 2016/03/07 20:24 ] [ 編集 ]

No title

こんばんはです。
やはりこの方法だと極軸が正確に合わせられるようですね。
以前から2スターアライメントや3スターアライメントと耳にしてきましたが
5番の内容で良さそうですね。

極軸合わせは、普段から色々と検討していますが、
実際の撮影の場合はPHDでのドリフトで15分程度で終わらしています。
私の撮影スタイルには十分のようです。
[ 2016/03/07 21:43 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、kaienさん。
昔、SS2000でも極軸望遠鏡で、極軸を合わせて
アライメントで、極軸を追い込むという機能が
ありましたが、これと同じです。
SynScanのポーラーアライメント機能でも同じ
ことができると思います。
[ 2016/03/08 01:51 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、NGCさん。
ロスマンディのGEMINIにはこの機能が、あるのですね。
極軸の追い込みに時間を掛けることができればドリフト法
の方が、よいと思いますが、遠征では時間を掛けられない
ので、極軸望遠鏡で、極軸を合わせた後に追い込むのには
簡単なので、有効だと思います。
[ 2016/03/08 02:14 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは、 B.S.Revolutionさん。
VixenのSS2000では、極軸望遠鏡で、極軸を合わせた後に
アライメントで、3スターアライメントで、十分極軸を
追い込めたそうなので、3スターアライメントで十分かも
しれませんね。
PHD2のドリフトは、極軸を追い込むためには、サンプ
リング数を増やさなければ追い込めないので、その分
時間が、かかりますね。
[ 2016/03/08 02:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/209-7adab281