日本の天文雑誌は・・・

これは、私個人の意見ですが、あえて言いますが、日本の天文雑誌は、買う価値は、
ないと思います。
天文雑誌と言いながら科学的な記事は、科学雑誌のサイエンスやニュートンに足元にも
及ばないという内容では、天文雑誌とは言えないと思いますね。

私は、もう20年以上天文雑誌は、発売日に本屋さんで、立ち読みするだけで、買っていません。
この5月号では、各天文雑誌に重力波の記事が、掲載されていましたが、物理学、天文学では、
最大の発見でもありながらお茶を濁す程度記事とは、天文雑誌とは言えないと思いました。
これで、日本の天文ファン、天文マニアを増やそうというのは、無理があると思いますね。
私は、同じ棚に並んでいたサイエンスを買って帰りました。
イメージ 1

日本の天文雑誌では、フォトコンだけならば、一層のこと読者からの天体写真だけを掲載する
天体写真雑誌にでもしたほうが、良いではと考えてしまいます。

天文雑誌としては、海外の天文雑誌のSky & Tel covers theなどの方が、天文学の記事や機材の
記事も内容が、充実しており、英語の勉強も兼ねて海外の天文雑誌を読む方が、面白いと思うのは、
私だけでしょうか?

個人的には、日本の天文雑誌は、全て廃刊になっても何も問題ないです。
スポンサーサイト



[ 2016/04/24 12:36 ] その他 | TB(0) | CM(14)

No title

お邪魔させていただいてます。

子供の頃ワクワクしながら天文ガイド買ってました。
確かに最近星ナビ買ってますが画像処理とか読んでるくらいで、ニュートンのほうが宇宙関係でもワクワクする記事多いかもですね。
[ 2016/04/24 14:20 ] [ 編集 ]

No title

787bさん、こんにちは。
確かに科学雑誌の方が、天文学の記事は、豊富で面白いですね。
天文雑誌に限らず出版や放送関係で、科学関係の記事を書ける
ライターが、ほとんどいないことが問題だと思います。
[ 2016/04/25 01:04 ] [ 編集 ]

No title

私も最近買わなくなっています。天体写真コンテストと言う名称とかの雑誌に変えればと思います。
アメリカの一般天文誌であるAstronomyを長年購読していますが、英語の勉強を兼ねています。編集長は天文学博士の方ですし、レベルが違うのだと思います。
[ 2016/04/26 07:44 ] [ 編集 ]

No title

私も子供の頃、天文と気象を毎月買ってたのですが、楽しみでしたね。関数電卓で軌道計算する記事とかあって、内容が濃かった気がします。(子供だったからかも?)
誰しも一生に一度ぐらいは星に興味を持つ時期があるように思いますが、そこから天文ファンに誘導できてないように思います。
今の天文ファン全体の問題かもしれませんが、天文誌にはぜひ主導的な活動を期待したいです。
[ 2016/04/26 08:19 ] [ 編集 ]

No title

NGCさん、こんにちは。
日本の天文雑誌は、確かに写真雑誌に変えたほうが、よいでしょうね。
アメリカの天文雑誌は、科学的な記事も多く面白いですね。
日本の天文雑誌の問題は、編集者が、科学に関して素人というところ
だと思います。
[ 2016/04/28 02:20 ] [ 編集 ]

No title

kaienさん、こんいちは。
確かに天文と気象は、内容がありました。
今の天文雑誌は、単なる情報誌だと思います。
天文雑誌であるからには、他の科学雑誌に劣らないくらいの
天文学に関する科学記事を載せないと天文ファンは、増えない
と思います。
[ 2016/04/28 02:30 ] [ 編集 ]

No title

天文ガイドは、元編集長の方が、正確には忘れましたが、「中学生程度の学力のレベルの人が見る雑誌というスタンスを維持する。」とコメントしていましたから、基本的にはお子様向けの雑誌だと思います。でも、今や読者の天体写真がメインで他の記事はおまけみたいなところがありますから、中学生にとっては別の意味の敷居が高すぎるかもしれないですね。高い機材など使わずに、「天文学は紙と鉛筆でもできるのだよ」という記事も欲しいところですね。昔の天文と気象のように。
[ 2016/05/02 08:28 ] [ 編集 ]

No title

n21*4ddさん、こんにちは。
日本の天文雑誌が、初心者向けとは言っても、あまりにも内容が、
無さ過ぎると思います。他の科学雑誌に天文関係の特集記事が、
掲載されていて、本屋さんで、同じ棚に並んでいるのでした価格は、
高いですが、ニュートンやサイエンスを買われると思います。
また、言われるように今の天文雑誌は
[ 2016/05/03 13:12 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさん、こんばんは
結局、どの読者を獲得することを目論むか?が絞れないということでしょうか。ちょっとだけ、科学教育に関わっているのですが、その経験からすると、骨のある内容だと今時の子供たちは見向きもしないでしょうし、単なる技術情報であればネットで探せばよい。しかし、あまりに骨の無い内容だと突っ込んだ記事を読みたい層は皆逃げてしまう、虻蜂取らずですね。でも、本当に凄いものを出し続けてくれれば、そういうものに喰い付く層も育つかもしれません。米国は、サイエンスでもDIYが盛んでサークル活動で個人のガレージを実験室にして遺伝子組み換えをやるおじさん達がいたり、高校生が自宅で核融合装置を自作したりという文化があります。役に立つとか抜きにしてもやってみたいという人がちらほら居て、アマチュア天文家も成立し雑誌もこれに貢献してます。それから、天文雑誌の解説文のレベルが新聞の科学蘭と大して変わらいのは非常に不満です。正直言えば、予備知識が無ければ何の事だかさっぱり分からず、予備知識があれば無くても良い記事です。そういう意味では、中学生どころか誰の為にもならないような気がします。
[ 2016/05/04 01:13 ] [ 編集 ]

No title

deb*ss*faur*さん、こんにちは。
連休で、お返事が、遅くなりました。
どのレベルの読者をターゲットにするか以前に、今の天文雑誌は、内容が
薄いと思います。毎号全ての記事が、内容あるのは、無理でしょうが、
毎号一つくらいは、内容のある記事が、あってもよいと思いますが、それも
無いというのは、いかに科学の記事を書ける人材が、いないかということ
だと思います。

天文雑誌が、読者からの天体写真の投稿が、メインであれば天体写真雑誌に
した方が、読者を得られると思います。
[ 2016/05/07 03:54 ] [ 編集 ]

No title

天文ファンの年齢層には幅がありますし、観たり・撮ったり、ジャンルも別れますよネ。
読者の天体写真では、アナログ写真は感動しますが、デジタル写真の中には絵画を見ているような錯覚を感じるものもあったり・・・
天体写真雑誌になってしまうと、
眼視派の天文ファンは、見ることも、買うこともなくなって、更に経済的になりますかねぇ? (^^;)
科学的でない私は、1年に1回だけ(1月号)、付録(天文カレンダー)目的で買っています (*^▽^*)
[ 2016/05/25 20:03 ] [ 編集 ]

No title

イッシーさん、こんにちは。
天文ファンの年齢層が、広いからこそ、ちゃんとした記事が、無いと
読者を得られないと思います。
天文は、科学ですから本屋さんで、天文雑誌と同じ棚にニュートンや
サイエンスなどの科学雑誌が、並んでいて、天文雑誌よりも他の科学
雑誌の方が、天文の記事が、充実していれば、科学雑誌を買いますよ。
天体写真にしか記事の内容をおけないのであれば、写真雑誌にすれば
よいのです。
それと、撮影派の人達は、天文学という科学には、興味が、無いように
思われますね。
あと、私が、所属している天文サークルは、眼視派の人が、ほとんど
ですが、皆さん、天文雑誌は、立ち読みするくらいで、購入されて
いません。その理由は、やはり内容が、無いからだそうです。
[ 2016/05/28 03:16 ] [ 編集 ]

No title

遅くのコメント失礼いたします。
自分も日本の天文雑誌を購入しなくなりました。購入しても10分もしないで読む気が無くなるので勿体無い…と感じてしまいました。自分は機材マニア的なところがありまして、機材のテスト記事が大好きでした。しかし今は天文市場も狭くなり、広告収入が減っているようでスポンサーよいしょの記事が目にあまり、終いにはテスト記事は「カメラ」関連だけになってしまいました。これではもはや天文雑誌ではありません。もちろん撮影も好きなので、天体写真コーナーだけ立ち読みで目を通していますが…
[ 2017/05/17 10:13 ] [ 編集 ]

No title

こもロハスさん、こんにちは。
天文雑誌は、私も本屋さんで、パラパラと立ち読みするだけです。
日本の天文雑誌は、科学としての天文学の内容は、皆無ですし、
機材ネタも内容が、薄いので、ほとんど価値が、ないと思いますね。
[ 2017/05/18 02:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/212-e3c8c0d8