さそり座の南の部分

5月4日の夜に撮影したさそり座の南の部分を画像処理し直しましたが、やはり、画像の下半分は、
霞の影響で、上半分と比べると眠いのは、どうしようもないですね。

元画像を見ても連続で、表示させると画像の下半分位の所を薄い霞のようなものが、移動して行く
のが、確認できます。当日も透明度は、イマイチでしたが、薄雲のようなものの通過は、ありません
でしたが、肉眼では分からないくらいのものなので、南の低空の撮影は、低空の空の状況に大きく
影響されるので、難しいですね。

また、この画像で、IC4628 エビ星雲は、結構明るくて、大きいことが、分かりますね。
この高度では、日本からは、カラーでの撮影は、難しくなるので、Haで、撮影すると面白そうです。

イメージ 1

撮影日:2016年5月5日
露出時間 3分X17
レンズ:SIGMA 50mmF1.4 EX DG F4.0 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 800
赤道儀 :ポラリエ
スポンサーサイト



[ 2016/05/22 12:02 ] 天体写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/216-5ea44b8d