PoleNavigatorを使ってみた感想

フリーの電子極望ソフトPoleNavigatorを使ってみた感想を書きます。
このPoleNavigatorは、北極星周辺の星を利用して3つの動作で、極軸を割り出して、
極軸を合わせるを支援するソフトです。
このソフトの良いところは、QHY、ZWOと一部のWebカメラが、利用できるのと、極軸を
合わせるためにPlaneWaveInstruments社のPlaneSolve2というソフトを利用して撮影した
画像を解析して極軸を割り出すので、かなり正確に極軸を合わせることが、できることです。
悪いところは、使用する環境に合わせた環境設定を行うのが、PCの設定などの知識が、
必要で、面倒なところです。

以下に良いところと悪いところをまとめてみました。

良いところ
・複数メーカーのカメラを利用できるので、PoleNavigatorで、使えるカメラを持って
 いれば新しくハードを揃える必要が、無い。
・3つの動作で、撮影した画像から極軸を割り出すので、極軸を合わせるのが、早い。

悪いところ
・PlaneSolve2で、撮影した画像を解析に使う星図データのインストールとPlaneSolve2の
 設定が、PCに詳しくないと面倒。
・PoleNavigatorを動作させる設定ファイルを変更するツールが、無いので、クリックと
 ドラッグアンドドロップ動作でしか操作できないPC初心者には、非常に使い辛い。
・使用するカメラやレンズに合わせた設定するための計算が、難しい。
・ソフトが、基本DOSコマンドで、起動するためにPCに詳しくないと使えない。

以上からこれまでに使ってみた感想は、使用する設定が、できれば簡単な操作で、手持ちの
機材で、PoleMasterと同じ方法で、極軸を合わせることができますが、使用するカメラや
レンズに合わせた設定するための計算が、難しいことやDOSの時代からPCを使っていて、
INIファイルやBATファイル変更、DOSコマンドからのソフトの起動などの知識あれば使え
ますが、Windows OSしか使った経験しかない人には使い辛いのとろがあるので、非常に
残念なソフトです。

私のように昔からPCを使っていて、ソフトの開発経験のある者ならば使えますが、一般的な
ユーザーとしては、使えないと思えるので、非常に良いソフトなので、今後の発展としては、
一般の人にも使い易いように開発者の方には、VBやC#なりで、一般的なWindows用ソフトに
することを希望しますね。

次回は、PoleNavigatorの詳しい解説を書きます。

スポンサーサイト



[ 2016/06/26 04:46 ] 機材 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/219-ee1cceb1