新しいフィルター

新しいフィルターが、ドイツから届きました。
ドイツのTSから購入しましたが、フィルターと一緒にコーラのグミが、一緒に
入っていました。こういうのは、日本のお店には、無いですね。
イメージ 1

今回購入したフィルターは、まず、Astronomik Deep-Sky RGBフィルター。
このフィルターは、QSI628用で、購入しました。
このAstronomik Deep-Sky RGBフィルターは、まだ日本国内では販売されていない
フィルターで、波長特性は、以下のようにBaader LRGBのよにBとGで、OIIIとHβの
透過率が、90%以上あるのとRの透過波長が、600nmから700nmの透過幅100nmという
特性で、購入しました。
Lフィルターは、別売りで、透過波長幅の違うL1からL3とAstronomik LRGB Type2Cの
Lフィルターから選ぶようになっています。私は、Astronomik LRGB Type2CのLフィルター
単品を以前に購入してしていたので、今回は、これを使います。
イメージ 2

もう一つは、BaaderのSIIフィルターです。
Baaderのナローバンドフィルターは、これで、Ha、OII、SIIが、揃いました。
これでQSI583とQSI628で、散光星雲のナローバンドを目論んでいます。
さて、どうなりますか。

どちらも梅雨が、明けたら使ってみようと考えていますが、さて、どうなりますか。

今回ドイツのTSから購入しましたが、一番安い送料で注文したら、日本に届くのに
2週間かかりました。その間にイギリスのEUからの離脱で、ユーロが、高くなって
しまいました。まさかイギリスが、EU離脱とは思いませんでしたが、イギリスの
EU離脱の国民投票の結果を見てから購入するべきでした。
スポンサーサイト



[ 2016/07/03 03:58 ] 機材 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/221-385edcf8