画像処理し直してみました。

4日の夜に撮影したバラ星雲のSAO合成画像を画像処理し直しました。
前回よりもマイルドになりました。
SAO合成では、B画像のHaが、他の画像に比べて強くなるので露出は、他の画像よりも
短くするのは、基本ですが、B画像になるOIIIが、十分ないとカラーバランスが、悪くなる
ので、SAO合成の撮影では、OIIIの露出時間が、要になるでしょう。

QSI583に使われているKAF-8300は、高感度で、赤の感度は、高いですが、青は、低いので
OIIIの露出枚数を増やしてやらないとSAO合成では、G画像が強くなり画像が、緑が、強く
なりすぎてしまします。SIIは、波長が、Haのさらに外側で、赤外光になり、画像の成分
としてもほとんど無いようなものですが、露出時間は、Haと同じか2倍くらいで、十分な
ように思われます。
QSI583で、SAO合成する場合の露出時間の比は、撮影する対象にもよりますが、2:1:4
くらいにしたほうが、よいように思われるので、次回のSAO合成の撮影で、試してみたいと
思います。

あと、バラ星雲は、眼視でもよく見える星雲なので、OIIIの光は、強いと思うですが、
OIIIの画像が、考えているよりも悪いので、これは、最近普及してきているLEDの街灯の
影響かもしれません。
LED照明では、白色では、青の波長が、強く、電球色では、赤の波長が、強いので、
天文には、厄介です。
それと防犯対策か知りませんが、やたらにLED街灯を増やしていますが、照明の向きが
下を向いていないので、夜、帰宅時などで、やたらに眩しいです。そのため前が、見え
難くて、逆に危険です。やたらにLED街灯を増やすのはやめて欲しいですね。

イメージ 1

バラ星雲 SAO合成
撮影日:2016年10月15日
撮影地:自宅ベランダ
露出時間:SII 10分X6 Ha 10分X6 OIII 10分X6
望遠鏡:FSQ-85ED F3.8
カメラ:QSI583 WSG
冷却温度:-15℃
フィルター:Baader Planetarium Haフィルター 7nm SIIフィルター 8nm OIIIフィルター 8.5nm
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 GP赤道儀+自作自動導入モータードライブ
スポンサーサイト



[ 2016/10/23 09:00 ] 天体写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/231-6b72aa07