PoleNavigatorを追加テスト

改めてPoleNavigatorでの極軸合わせのテストしてみましたが、やはり結果は、同じでした。

まず、前回のPoleNavigatorのテストで、PoleNavigatorで極軸を合わせると極望で、合わせた時よりも
大きく北極星の位置が、ずれることを書きましたが、改めてテストをしたところ前回のテストでは
赤道儀の水平が、十分に出ていなかったために極軸が大きくズレていたことが、わかりました。

今回のテストでは、赤道儀の水平をきちんと出してからテストを行いましたが、結果は、前回の
テストほどではありませんでしたが、極望で、極軸を合わせた時よりも極軸は、ズレていました。

今回は、Ver032a、Ver055、Ver072と違うソフトでも検証するためにSharpCapのPolarAlignment機能も
使ってみました。極軸の検証方法は、まず、極望で、極軸を合わせておいて、各ソフトで、極軸を
合わせる操作をして、北極星の位置の違いを確認しました。

北極星の位置のズレの大きさは、以下のような結果になりました。

  SharpCap<Ver032a<Ver055<Ver072

SharpCapの北極星の位置のズレは、恐らくテストと行った場所でのほぼ正確な極軸の位置だと思われました。
PoleNavigatorについては、バージョンが、新しくなるにつれて北極星の位置のズレが大きくなるので、
何らかのソフトのバグであるように思われます。
Ver072の北極星の位置のズレでは、オートガイドでも大きく振れるくらいずれていたので、これでは
使えないです。良いソフトなので、非常に残念です。


今回のPoleNavigatorのテストで気が付いたことですが、PoleNavigatorで極軸を合わせるためには、以下の
2点に注意が、必要だと感じました。

1、赤道儀の水平をきちんと出す。
2、カメラの画像の上下を合わせる。

1は、タカハシの赤道儀を使っていると極軸を合わせるときは赤道儀の水平は関係なく、赤道儀に付いている
水準器で、赤経の水平を出して合わせていますが、極軸合わせのソフトを使う場合は、赤道儀の水平をきちんと
出す必要が、あります。
考えてみれば、赤道儀を使う場合、これは基本中の基本ですよね。

2については、極軸合わせのソフトでは、北極星と周辺の星の回転を検出して、極軸を割り出しているので
カメラの画像の上下は、関係ないように思われますが、ソフトの関係でしょうか、カメラの画像の上下を
合わせておこないと正確に極軸を割り出せないようです。

あと、SharpCapのPolarAlignment機能については、今回初めて使いましたが、操作が非常に簡単で、正確に
極軸を合わせることができます。
SharpCapに対応したカメラを持っていればこちらの方が、よいかもしれません。
使い方は、改めて書きます。

スポンサーサイト



[ 2016/12/10 00:57 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

私も以前、polenavigatorで合わせた極軸を同時にPoleMasterでチェックした時違う結果になったので両方の極軸でガイドした所PoleMasterの方がDECが安定していたので疑問を持っていました。
[ 2016/12/10 10:38 ] [ 編集 ]

No title

nonkaさん、こんにちは。
Ver05以降にこの現象が、起きたようにおもわれますね。
開発者の方もバグが、あることを確認されたようなので
近いうちにバグ修正版が出るでしょうね。
[ 2016/12/11 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/234-827dc692