Polenavigatorの最新版をテストしました。

これまでのPolenavigatorのバグを修正されたバージョンが、公開されたのでテストしてみました。

テストに使用した機材とソフト

カメラ:ASI120MM
レンズ:35㎜F1.7
赤道儀:EM-10
カメラの取り付け位置:極望の穴に取り付け
イメージ 1


テストしたソフト:Polenavigator Ver074
検証にしようしたソフト:SharpCapのPolarAlignment機能
            極軸合わせ支援アプリPolarisScope

検証に使用したソフトについて

検証にしようしたソフトについて、極軸合わせ支援アプリPolarisScopeは、これまでEM-10で撮影
するときに極軸を合わせるのに使用してきたソフトで、実績が、あることとを確認しています。
SharpCapのPolarAlignment機能については、極軸合わせのテストで、PolarisScopeと同じ結果を
得られているので、正確に極軸を合わせることができると判断します。

検証方法

Polenavigator Ver074で、極軸を合わせてから極軸合わせ支援アプリPolarisScopeが、示す位置に
北極星があるか極望で、目視で確認するのとSharpCapのPolarAlignment機能で、極軸を合わせて
どれだけの誤差があるか確認を行いました。

極軸の導入検証

Polenavigatorで、極軸を合わせた画像が、以下です。
イメージ 2

次に、SharpCapのPolarAlignment機能で、極軸を合わせると以下の画像のようなズレが、あり
Polar Align Errorは、このテストで、5秒22分のズレが、ありました。
イメージ 3

この位置を極望で、目視で、確認するとPolarisScopeが示す北極星の位置から大体以下のような
位置に北極星が、導入されていました。
イメージ 4


SharpCapのPolarAlignment機能で、極軸を合わせてからPolenavigatorで、極軸を合わせた画像が、
以下です。
イメージ 5

やはりズレが、大きいように思われます。

検証結果

Polenavigator Ver074でもまだ、バグが、あるようで、十分な極軸の導入精度は無いようです。
このことを開発者の方に報告したところ導入位置のズレを確認されたとのことで、現在、バグ
修正中とのこです。

開発者の方の大変なご苦労は、私もハードとソフトの開発をしている者として十分理解できますが、
これまでのPolenavigatorの極軸導入の検証で、バージョンを重ねてもバグが、解消されず、
十分な導入精度が得られないので、今後は、SharpCapのPolarAlignment機能が、正確で、扱い
やすいので、こちらを極軸合わせに使うことになると思います。
スポンサーサイト



[ 2016/12/18 14:45 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

これは詳細にレポート頂きありがとうございます。
ご指摘の通りバグが残っており、ご迷惑をおかけしました。画面上で確認可能なミスでしたが、思い込みがあって見逃していたようです。

遅ればせながら修正版を用意しましたので、気が向いたなら試してみてください。
[ 2016/12/19 08:31 ] [ 編集 ]

No title

minerさん、こんにちは。
Polenavigatorのバグフィックスご苦労様です。
最新版、天気が良くなったらテストしてみます。
[ 2016/12/20 02:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/235-db20e689