ヘラクレス赤道儀をFS2仕様に改造

このところ仕事が、忙しくブログの更新が、なかなかできませんでした。

24日は、Ryutaoさんのヘラクレス赤道儀をステッピングモーター仕様に改造を行いました。
ヘラクレス赤道儀は、国際光器が、製造販売していた大型赤道儀ですが、モータードライブが
SS2Kで、バランスが狂うと脱調したりトルク不足などの問題があり、昨年末ごろから計画して
ステッピングモーター仕様に改造しました。

モータードライブは、ドイツのASTRO ELECTRONIC製のFS2 http://www.astro-electronic.de/
にして、取り付け金具などの加工して、ステッピングモーターは、オリエンタルモーターの
PK243A1-SG10に交換しました。詳しいことは、Ryutaoさんのホームページやブログで、公開
されると思いますが、改造後の動きは、非常に良く、ヘラクレス赤道儀の性能が、大幅に良く
なったと思います。

天体写真を撮影していて、オートガイダーを使っていてもガイドが、流れるなどの問題は、
多くの場合、モータードライブに問題があるので、性能の良いモータードライブに交換すると
ガイドなどの動きが大きく変わります。
例えば、私も使っていますが、VixenのGP赤道儀もモータードライブを自作の自動導入モーター
ドライブやMTS3-SDI+に換えて大きくガイド精度が、良くなりました。
スポンサーサイト



[ 2009/01/25 00:49 ] 機材 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/24-c3bd6c3e