天文用途で使えるポータブルバッテリー

最近のスマホやタブレット用の5Vのポータブルバッテリーは、小さくて大容量ですが、
低電流、過電流OFF機能や過放電防止機能が、組み込まれていて、天文用途では、意外に
使い勝手が悪いことが多いです。私もポラリエ用にポータブルバッテリーを使っていますが
iBAUFFALOのBSMPB5201P1は、5Vの出力電流が、100mA程度だと30秒程度で、オートOFFされて
しまいまいポラリエでは使えません。なので、これは、スマホとタブレット用にしています。
SONYのCP-V5Aは、ポラリエでの撮影で、まだあまり使っていませんが、何とか使えそうな
感じです。ただ、使用温度なのか出力電流低下の影響なのか、使用中にオートOFFされて
しまいます。これは、もう少し使ってみないと分からないので、ちょっと不安です。
イメージ 1

市販されているポータブルバッテリーで、どれが低電流も使えるかは、バッテリーの仕様が、
公開されていないので、実際に使ってみないと分からないですね。

ポータブルバッテリーは、ポラリエをメインの撮影機材とは離れた場所に置くことがあるので、
使っていますが、バッテリーやAC100VからDC12Vを供給できるのであればシガーソケットから
スマホやタブレット用の充電器で、電源を供給する方が、安心して使えると思います。
イメージ 2


ポータブルバッテリーを繋いで使う機器が、どの程度の電流値で、動作しているかは、USBの
接続機器の電圧と電流を測る写真のようなUSB接続の電圧・電流計が、売られているので、
これで、測ってみると良いでしょう。ちなみにポラリエは、5Vで、100mA程度で、思っている
よりも低電流でした。
イメージ 3


あと、ポータブルバッテリーに安価な昇圧型のDC-DCコンバータを繋いで、カメラなどに
電源供給されている方もおられますが、昇圧型のDC-DCコンバータは、回路設計や使用する
電子部品によっては、大きなノイズの原因になります。
電子工作の電源やノイズに影響されない機器の電源に使うには問題ありませんが、カメラ
など記録データに影響が、出る恐れのある物には使用しないことをお勧めします。
また、昇圧型のDC-DCコンバータは、電圧を昇圧するために大きな電流を必要とするので、
ポータブルバッテリーの寿命を短くすることもあるので、注意が必要です。
スポンサーサイト



[ 2017/01/22 16:51 ] 機材 | TB(0) | CM(3)

No title

内臓してるバッテリーの種類で制限がかけられてるのでしょうか。最近は車のセルモーターを回せるとうたっている物もあるので、普通の赤道義でも使える物が出てくると良いのですが・・
[ 2017/01/24 08:40 ] [ 編集 ]

No title

kaienさん、こんにちは。
モバイルバッテリーは、マイコンで充放電制御を行っています。
充電池は、充放電制御を間違えると発火の恐れが、あります。
ことにリチュウムポリマー電池は、扱いを間違えると発火するので
厳密に制御されています。
車のセルモーターを回せる物は、放電のアクセラレーション機能で
動かしているので、瞬間的には、大電流を流せますが、継続的に
電圧を昇圧して定電流を供給することはできません。
なので、赤道儀に12Vに電圧を昇圧して供給することは、できません。
[ 2017/01/25 02:18 ] [ 編集 ]

No title

ありがとうごさいます。
スマホの発火事故とかありましたね、最低限仕様通りにちゃんと扱わないと危険そうです。
やっぱりバッテリー問題は悩ましいです。
今はお出かけ用にシールドバッテリーを使ってますが、初遠征を見越して持ちが不安です。
[ 2017/01/25 07:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/240-172d9abb