MTS-3SDI+ ハード編

これから何回かに分けてMTS-3を使うためのノウハウを公開したいと思います。
今回は、まずハード編です。

MTS-3は、オートガイド、自動導入対応のモータードライブですが、本体には、オートガイドと
自動導入に使う端子が、無いので、これらを使えるように工作する必要があります。

MTS-3のインターフェイスは、本体の裏面にあり、コネクタは、7×2列の14ピンのMILコネクタになっています。

イメージ 1


ピン配置は、下図のようになっています。

イメージ 2


なので、オートガイドと自動導入を行うためには、これらの端子を取り出す必要があります。
各端子の接続は、以下のようになります。
オートガイド端子は、3、5、7、9番ピンと4番ピンのGNDを出力端子に繋ぎます。
シリアル通信端子は、10、11番ピンと4番ピンのGNDを出力端子に繋ぎます。
GNDは、オートガイド端子とシリアル通信端子と共通になります。

私は、タカチのプラスチックケースを使ってMTS-3に取り付けるランドセルを作り取り付けています。
オートガイド端子とシリアル通信端子は、タカハシのTemmaと共通にしているので、下の写真の様に
なっています。

イメージ 3



ランドセルを取り付けたところが、下の写真です。

イメージ 4

スポンサーサイト



[ 2009/02/01 00:36 ] 機材 | TB(0) | CM(5)

No title

ngc*8*6さんはじめまして
せいと申します
ngc*8*6さんのプログをみて私もドイツから個人輸入しました
申し訳ないですが、少しお教えください
ROMの書き換えはパソコンで実施のようですが
パソコン側はDSUB9ピンでMTS-3SDI側は後ろ側のコネクタでしょうか
使用開始するまで時間がかかりそうです
プログ参考にさせていただきます
[ 2009/03/20 22:49 ] [ 編集 ]

No title

せいさん、はじめまして。

MTS-3の通信端子は、後ろの14ピンの端子です。

MTS-3をどのようなセットで購入されたのか、わかりませんが、
通信ケーブルも込みで、購入されたのでしたら純正のシリアル
通信ケーブルで、MTS-3と通信できます。
もし、通信ケーブルが無いのでしたらMLコネクターと14芯フラット
ケーブルで、作らなければなりません。
[ 2009/03/22 16:49 ] [ 編集 ]

No title

nac*8*6さんありがとうございます
通信ケーブルは購入しませんでしたので
作製しました。まだ実験してないです。
モーターケーブルはMT-1用を購入しましたが
MT-1は使いませんでオリエンタルの2相のバイボーラをつかいます。ngc*8*6さんはユニボーラのモーターを使用していますが
コイルのセンターのリード線はどのようにしているのでしょうか
ずうずうしいですがお教えください。使用予定の赤道儀はEM-100です
[ 2009/03/25 21:40 ] [ 編集 ]

No title

せいさん、こんにちは。
MTS-3のモーター駆動方式がバイポーラー駆動なので、ユニボーラの
のモーターでは、センターの線は、繋いでいません。
[ 2009/03/26 01:50 ] [ 編集 ]

No title

ngc*8*6さんこんばんは
そうですか、あまり電気詳しくないのでどうするのかと
思っていました。これでモーターの選択が増えました
ありがとうございました。
[ 2009/03/26 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/25-bb309387