GPエンコーダー復活計画

まず、GPエンコーダーとは、何ぞやですが、20年以上まえにビクセンが、GP、GPD赤道儀用に
販売した赤道儀に後付けできる導入支援用のエンコーダーで、ステラガイドという導入支援
装置と一緒になっていました。これを知っている人は、40代後半以上だと思います。
写真が、我が家にあるステラガイドとGPエンコーダーです。
イメージ 1


ステラガイドは、まだ、自動導入が黎明期に出た物で、自動導入ではなかったですが、
スタンドアローンで、800個の天体と8個の惑星、10個の天体をユーザーが、登録できる
機能をもった導入支援装置で、操作もシンプルで、使いやすい機器でした。
GP、GPD赤道儀に取り付けるエンコーダーは、赤道儀と一体になるように作られていて、
写真のように綺麗に取り付けられます。
赤経の極望の所と赤緯のウエイト棒を付ける所に付いているのが、GPエンコーダーです。
イメージ 2


ステラガイドもよくできていて、GPエンコーダー以外のエンコーダーも使えるように
エンコーダーの設定を変更できたので、ステラガイドを他のエンコーダーに繋いで、
タカハシのJP赤道儀などで使われている方もおられました。
私もEM-10に別のエンコーダーを付けてステラガイドを使っていたこともあります。
その後、我が家では、自動導入モータードライブを作るときにPCレスで、使えるので、
自動導入の動作検証に使っていました。
ステラガイドもこれだけで終わってしまって、シンプルで、操作性も良かったので、
後継が、出なかったのが残念です。

なぜ、GPエンコーダーを復活させるかというと、ま、手持ちの機材を有効活用したいという
のと、エンコーダーを使った導入支援機器は、シンプルで、使い勝手が、良いからです。
今は、LX200コマンド互換にしてやればPCやスマホやタブレットの星図ソフトと簡単に
有線、無線で導入支援が、できるからもあります。
導入支援機器を構成する部品もマイコンと通信用ICかBluetoothのモジュールだけで、
基本的には作れます。スイッチ操作やLCDなどの表示装置を付けなければ結構小さく
シンプルに作れます。

さて、肝心のGPエンコーダーですが、これは、1周750パルスの光学2相式のエンコーダーで
4逓倍で、パルスを読むと1周3000パルスのエンコーダーになります。
今回これをAVRマイコンを使って、LX200コマンド互換の制御にして、ASCOM経由で、Cielと
繋いで、導入支援を行うようにしました。
実験に使ったマイコンボードは、自作したArduino互換ボードですが、プログラムは、Arduino
ではなくAVR-GCCで、作っています。Arduinoは、いろいろなライブラリーが用意されていますが、
私は、AVR-GCCの方が、使いやすいので、こちらでプログラムを作っています。
イメージ 3


実験ではシリアル通信で、PCと通信するようになっていますが、最終的には、Bluetoothで
通信するようにしてやろうかと考えています。
この正月休みの間にチョボチョボ作って、基本的なプログラムができて、Cielで使えるように
なったので、この先は、どう形にするか考えたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2018/01/08 13:59 ] 電子工作 | TB(0) | CM(10)

No title

あけましておめでとうございます。知識不足で全くついて行けませんが、
今年も製作記事楽しみにしてます。
手持ちの機材が古い機材ばかりなのでせめて今年は導入支援は、整備したいところ
です。宜しくお願いします。
[ 2018/01/08 21:11 ] [ 編集 ]

No title

明けましておめでとうございます。
GPエンコーダー懐かしいですね。エンコーダー部分のみ赤道儀に付いていますが、コントローラー部分が電源が入らなくなり捨てました。
この記事を読んで、懐かしく思いました。
[ 2018/01/08 22:23 ] [ 編集 ]

No title

あけましておめでとうございます。
うちにもステラガイド本体だけが残ってます。一時期、エンコーダ付きの経緯台で使っていました。シンプルなスタンドアロン機で良かったと思います。今は眼視の楽しみで、経緯台ではファインダー手動導入ばかりになってしまいました。
発売当時は画期的でしたね。わたしも後継機が出て欲しかったですね。
[ 2018/01/10 00:32 ] [ 編集 ]

No title

hiroshihasさん、あけましておめでとうございます。
古い機材でも導入支援機器を付ければ天体の導入が、楽になるので
是非とも整備してください。
[ 2018/01/10 00:55 ] [ 編集 ]

No title

のんたさん、あけましておめでとうございます。
そちらのステラガイドは、壊れて捨てられたのですね。
もしかしたら修理できたかもしれませんね。
私のステラガイドも液晶の表示が、薄くなってきていますが、
LCDは、互換品が手に入るので、そのうちに修理するつもりです。
[ 2018/01/10 01:03 ] [ 編集 ]

No title

kaienさん、あけましておめでとうございます。
そちらは、ステラガイドの本体のみが、残っているのですね。
最近のエンコーダー導入支援装置は、WifiやBluetoothで、
タブレットにつながるので、眼視の人たちが、ドブソニアンや
双眼望遠鏡に付けて使っている方が、多いですね。
ステラガイドはシンプルで、良い物でしたが、後継機が、
出なかったのは、残念でした。
[ 2018/01/10 01:12 ] [ 編集 ]

No title

> Orcaさん、僕はkaienさんと反対に本体がなく、エンコーダーだけが赤道儀にくっついたままになっています。スカイセンサー2000PCを購入して以来自動導入となり出番がなくなりました。その後10年ほどほったらかし。5年ほど前に電源入れてみると点く事もありますが、点かないことが多く捨てました。修理出来ましたか.....
[ 2018/01/10 21:15 ] [ 編集 ]

No title

Orcaさん 書き込みは久しぶりのような気がします。ROMばかりですみません。
観測所に備え付けたEM500にはエンコーダーが付けられていて、アストロスケールという装置で位置がわかるようになっているみたいです。
しかし、アストロスケール
初期設定画面で時間の1桁目LEDが点灯せず使えない状態です。
原理的には、このステラガイドと同じようなので製作記事を楽しみにしています。
[ 2018/01/11 19:45 ] [ 編集 ]

No title

のんたさん、こんにちは。
この手の機器は、電源回りや、表示装置が、経年劣化で、ダメになる
ことは多いですが、中身のマイコンやメモリーは、生きていることが
多いので、もしかするとその辺りを修理すれば復活したかもしれませんね。
[ 2018/01/13 00:44 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんにちは。
こちらもROMばかりですみません。
アストロスケールも年代物ですね。こちらも、もしかすると
表示のLEDが、壊れて表示しないだけかもしれませんね。
見てみないとわかりませんが・・・。
[ 2018/01/13 00:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/258-a0a8526e