冬場の便利アイテム

この時期に限らず遠征に行くと、季節に限らず熱いお茶やコーヒーにカップ麺を作るのに
コンロを使いますが、遠征に行ってよく見かえるのは、家庭用のカセットコンロを使って
いるのを見かけますが、この寒い時期ではすぐにガスの気化熱で、ガスボンベが、冷えて
凍って、火が消えてしまいます。元々、家庭用のカセットコンロは、室内で、使うことが、
前提なので、気温の低い環境では、すぐに使えなくなります。
そこでお勧めなのが、アルコールストーブです。もう、使われている方もおられと思いますが、
これは、ハイキングで、手軽にお湯を沸かすために作られたアルコールを燃料とするコンロです。
写真は、私が持っているアルコールストーブです。
アルコールストーブと五徳と収納袋が付いて、ネット通販で、\2000程度でした。
イメージ 1

五徳に入れるとこんな感じです。この上にやかんやコッフェルをのせます。
イメージ 2

大きさは、下は、私が持っている携帯ガスコンロと並べたところですが、結構小さいです。
イメージ 3

燃料は、コーヒーサイフォンなどに使う燃料用アルコールで、薬局で、手に入ります。
イメージ 4


アルコールストーブの火力ですが、アルコールを燃やすので、火力は、コーヒーサイフォンの
アルコールランプ程度と思われるかもしれませんが、アルコールストーブは、アルコールが、
燃焼した時の熱で、容器を温めてアルコールの気化ガスを発生させて、このアルコールのガスを
燃焼させるので、小さくても大きな火力が、出ます。
YouTubeで、”アルコールストーブ”で、検索すると燃焼の様子が、沢山UPされています。

冬の時期ですと、アウトドア用の携帯ガスコンロでもガスボンベが冷えて火力が弱くなることが
ありますが、アルコールストーブは、燃料が、燃焼する熱を利用するので、冬場でも安定して
使えます。また、コンパクトで、携帯性も良く、火力もあるので、1つ持っていて損のないアイテムです。
また、燃料に使うアルコールも、燃料以外に汚れ落としやホットメルトを剥がすのにも使えたり
するので、こちらもあると便利だと思います。
スポンサーサイト



[ 2018/02/12 09:23 ] 機材 | TB(0) | CM(4)

No title

自分は円筒形の石油ストーブを持って行きます。
最初は後部座席に置きやすいように、長方形のにしたが給油タンクが揺れて油が漏れる。
円筒形は下部に油槽が有るので漏れません。
念の為に満タンには、しません。
天文仲間とストーブ囲んで暖を取れる。
薬缶で湯を沸かし、ラーメン・飲み物 何でもこいです。
翌朝までOKですね。 njp
[ 2018/02/13 11:13 ] [ 編集 ]

No title

res*****さん、こんにちは。
石油ストーブを持って行かれますか。以前、七輪を持って来ている人に
会ったことがあります。冬場は、暖を取れるものがあると暖かくて
いいですよね。
[ 2018/02/13 23:30 ] [ 編集 ]

No title

私が出撃するのは、今のところ夏場の星祭りのみなので、カセットコンロで事足りてます。
しかし、夏場は日中の車内にガス玉を置いておくのが不安です。
アルコールストーブはコンパクトだし、アルコール燃料もガス玉よりも安心かもしれませんね。
[ 2018/02/16 08:24 ] [ 編集 ]

No title

kaienさん、こんにちは。
アルコールストーブは、コンパクトなので、星見以外でも
ハイキングとかで使えて便利ですね。
夏場は、車内は、暑くなるので、車内にガスボンベを置くのは
危ないですね。確か、過去に夏の炎天下の車内にカセットコンロの
ガスボンベを置いていていて、爆発して火災になったことも
あるようなので、注意が、必要ですね。
アルコール燃料も高温では、危険なのは同じなので、車内に
可燃性のものを放置するのは、やめたほうがよいですね。
[ 2018/02/17 16:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/259-c8ff42db