GPエンコーダー導入支援装置

GPエンコーダーの導入支援装置が、ほぼ完成しました。
エンコーダー回路は、機能も構成もシンプルなので、手元に余っていた部品を集めて
作りましたが、機能としては、USBでPCと繋がっているときは、USB-シリアル変換で、
シリアル通信で、PCと通信を行い、バッテリーなど通信リンクが、行われない時は、
Bluetoothで、通信を行うようにしました。

今回も単品物なので、ユニバーサル基板で、作りました。ただ、抵抗などは、チップ
部品を使っています。
USB-シリアル変換は、共立電子のUSB-シリアル変換器を使用しています。
イメージ 1

Bluetoothのモジュールを付けるとこんな感じになります。
イメージ 2


通信の切り替えは、USB-シリアル変換に使用されているFTDI社のUSB-シリアル変換IC
には、PCなどドライバーソフトを持った機器と接続して、リンクした時にリンクして
ことを伝えるリンク端子が、あるので、この信号をトリガーにして、AVRマイコンの
通信信号をUSB-シリアル変換とBluetoothに切り替える回路を組み込み、ついでに
USB-シリアル変換で、通信しているときは、Bluetoothの電源をOFFにするようにスイッ
チング回路も組み込みました。
この機能によって、PCと繋がっているときは、Bluetoothの電源は、OFFになり、バッ
テリーに繋いだ時は、Bluetoothの電源がONになりBluetoothで、通信できるように
なっています。
通信コマンドは、LX200コマンドを使用していて、PCやタブレットなどの天体導入機能を
持つソフトとは、VixenのSS2000で、通信できます。
最近のミードでの製品は、機種が、多くて、多機能になって、純正のLX200コマンドでは
繋がらないのが、痛いです。
下は、PCと繋がっているところです。
イメージ 3

電源をポータブルバッテリーにして、タブレットで、Bluetooth経由で、SkySafari 5 Plusと
繋がっているところです。
イメージ 4


今回作った導入支援装置は、繋がる相手に応じて通信を自動的に切り替える機能を組み
込んだので、使い勝手は、よいと思います。
これから実際に使って使い勝手などを検証しようと思います。また、使うエンコーダーは、
GPエンコーダーのみで、赤道儀モードのみですが、この先は、通信で、エンコーダーの
設定と赤道儀モードと経緯台モードを変更できるようにしようとも考えています。
スポンサーサイト



[ 2018/02/18 14:59 ] 電子工作 | TB(0) | CM(2)

No title

すごいですね。
僕もGPエンコーダーのエンコーダー部分だけは赤道儀にくっついていますので使えるようにまたなるかなあ。これって販売する計画ありますか?
[ 2018/02/21 20:53 ] [ 編集 ]

No title

のんたさん、こんにちは。
この導入支援装置は、まだ、実際に使って検証もしていませんし
頒布等を行うのであれば基板を作成しなければならないので、
今のところ頒布などは考えていませんが、動作の検証などが
終われば何か考えます。
[ 2018/02/23 01:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/260-99f87084