タカハシの対応について

私の使っているFSQは、フローライト鏡筒で、購入して、20年近くなり、ハードに使った
こともありレンズが、レンズセルの中で、動いているようで、フルと”カタカタ”音が
するので、今年8月4日に協栄産業大阪店を経由して、タカハシにオーバーホールに出した
のです。オーバーホールに出す前に協栄産業大阪店からFSQフローライト鏡筒のオーバー
ホールにどれだけ掛かるかタカハシに聞いてもらったところオーバーホールに2、3ヶ月で
費用は、9万円で、1ヶ月くらいで、見積もりが、出るとの回答をもらいました。
こちらも20年近く使っているし、特殊な光学系なので、メンテ料は、仕方なしとして、
長くて4か月ならば12月には使えるかと考えて8月4日にFSQフローライト鏡筒を協栄産業
大阪店からタカハシにオーバーホールに出しました。
ここまでは、良かったのですが、3ヶ月経ってもタカハシからは、見積もりの連絡も
何の連絡もないので、協栄産業大阪店からどうなっているかこれまでに何度か問い合わせを
してもらってのですが、他の鏡筒のオーバーホールもあって遅れているとしか回答が
なかったので、先日、直接タカハシに連絡して、状況を確認したところ驚愕の事実が、
分かりました。

その内容は、まず、8月の時点で、FSQのオーバーホールは、約6ヶ月待ちの状態だった。
FQSを製造、調整できる職人が、1人しかおらず見積もりもすぐには出せない状況にあるとの
ことでした。
これを聞いて、8月にFSQのオーバーホールを問い合わせた時にオーバーホールの期間は、
2、3ヶ月と返答したのは、どういうことかと思いました。
また、見積もりも遅れているのならば、なぜ、ユーザーにその旨を連絡しないで、数カ月も
放置しているのか企業としてのタカハシの対応を問いただしました。
私も物作りをする会社の開発に勤めていて、ユーザーからの修理依頼が、来ますが、営業を
通してすぐに状況をユーザーに報告して、見積もり等を出すのは、当然の対応で、これが
できないタカハシは、ユーザーをバカにしているとしか考えられません。

また、技術に関してもFSQを製造、検査できる職人が、一人しかおらずメンテナンスまで
手が回らない状況にあるというのは、会社内で、技術の継承が、なされてこなかった結果で、
もし、この職人さんが、何らかの病気やケガ、事故などで、問題が、起きた場合、FSQという
鏡筒は、製造もメンテもできなくなるということです。
しかし、大体、今時、望遠鏡の光学調整が、熟練の職人頼みというのは、考えられない状況です。
今の中華系メーカーを含めて、欧米で、屈折望遠鏡を製造している企業では、レーザー測定装置と
コンピューターを使って、光学調整を行うのが、当たり前なのに時代遅れもはなはだしいです。

これを聞いて思ったのは、太平洋戦争のときの日本の零戦の製造です。
零戦は、登場当時、世界最高の戦闘機でしたが、その製造は、熟練した職人に寄っていました。
しかし、戦況の悪化で、熟練工が、いなくなり、その性能は、落ちてゆきました。
FSQは、今、かつての零戦と同じ道を歩んでいるように思われます。近い将来、製造もメンテナンスも
できない望遠鏡になるのではないでしょうかね。

長々と書きましたが、私のFSQの状況は、タカハシからの連絡では、12月に見積もりを出して、
オーバーホールは、1月以降になるとのこと、ホント、この企業、どうなってるねんとしか
言いようが、ありません。

電話で、話したことから垣間見えたタカハシという企業は、

・営業と技術・製造の間で、情報の共有と意思疎通が、できていないのではない。
・FSQの技術の継承が、なされておらず製造、修理を担う人材が、いなくなりつつある。

ある意味、大変お粗末な望遠鏡メーカーとしか考えられません。

テレビ東京の和風総本家で、取り上げられて、海外で、好評という放送が、流れて
いい気になってのちょうか!

スポンサーサイト



[ 2018/11/23 17:51 ] その他 | TB(0) | CM(11)

No title

オーバーホールに9万円…部品交換が伴うならともかく高すぎますね。
この前友人がEM-400の修理に出したところ部品交換が伴わないのに30万以上取られたそうで、びっくりでした。部品交換があるのならともかくです。タカハシ大丈夫かと心配になります。
[ 2018/11/24 09:37 ] [ 編集 ]

No title

のんたさん、こんにちは。
FSQは、特殊な光学系なので、9万円らしいですが、それにしても
高すぎですよね。
タカハシは、この他にも仲間内でも問題対応が、沢山あります。
ここ最近のやり取りで、垣間見えたのは、技術者も高齢化などで
少なくなっているのと、技術の継承もなされていないようですし
営業と技術・製造との情報共有もおろそかかとしか考えられない
ですし、製造技術も海外メーカーと比べると時代遅れとしか
思われないないので、このままですと、そう遠くない将来タカハシは、
無くなるでしょうね。
[ 2018/11/24 13:11 ] [ 編集 ]

No title

初代FSQは最終ロットなどはレンズの組み合わせを変えて性能が出る状態にして出荷していたという話を聞いたことがありました。僅かな曲率の違いで性能は大きく変わるのだろうと思うので、9万円については仕方ない面もあるかなー・とは思いますが、納期回答の遅さもびっくりですが、メンテナンスできる人が1人しかいないというのは驚きです・・

でもあんまり他所の事はいえないんだよなぁ・・
ウチも人間系で動いている部分が多すぎて。人の能力にたよった仕事しているから、ちょっと担当が変わっただけで、納期遅延や流出といった問題に直結してたりします、、、困ったものです、、、(;´д`)トホホ…
[ 2018/11/24 14:06 ] [ 編集 ]

No title

UTOさん、こんにちは。
オーバーホールの料金は、特殊な光学系なので、仕方ないかなと
思いますが、納期の回答が、考えられない対応ですよね。
また、メンテできる人が、1人というのは、その人に何かあったら
終わりなので、大丈夫かと思いますよね。
会社として、人の能力に頼った仕事をしているのは、うちの会社でも
同じですが、大切な技術は、確実に継承されないと会社の存続に
関わりますからね。
[ 2018/11/24 23:09 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして
タカハシってそんな対応なんですか(@@
それは信用問題だけで済まなくなりそうですねぇ。
あたしも赤道儀をオーバーホール出したいのが有るんですけど弱ったなぁ、、、。
[ 2018/11/24 23:47 ] [ 編集 ]

No title

クリちゃんさん、はじめまして。
今のタカハシにメンテに出すのは、リスクが、あると思います。
赤道儀のような機械ならばタカハシではなくタカハシの技術認定を
得ている九州の天文ハウスTOMITAに出された方が、タカハシ
本社よりも安く同じメンテを受けられると思います。
[ 2018/11/25 02:51 ] [ 編集 ]

No title

> Orcaさん
そうですか、TOMITAさんね!
情報ありがとうございます(^o^)
問題は荷づくりしなくちゃです。億劫で。
タカハシの寄居工場なら車でも1時間掛からないのよね。
頑張るかな(^^;
[ 2018/11/26 03:22 ] [ 編集 ]

No title

SBIGのCCDカメラの修理が100ドルで往復で3週間でした。
タカハシの赤道儀EM200の赤緯モータ交換で3.5万円で2ヶ月でした。
タカハシに言いたいことは、アフターサービスは将来の利益はもちろん、現実の会社の利益にもつながる事業と自覚することです。
サービス事業は会社の稼ぎ頭にもなりうるのです。
[ 2018/11/30 22:40 ] [ 編集 ]

No title

やまちゃんさん、こんにちは。
確かに仰る通りだと思います。
会社の規模が、小さく、人も少ないは、分かりますが、
ユーザーに対してちゃんとした対応ができないと
会社の存続にかかわるということを自覚して欲しいですね。
[ 2018/12/02 12:57 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、星空と申します。私も昨年高橋にFS60の光軸調整を依頼したのですが、納期見積もり1.5ヶ月と言われ、そのまま依頼しました。その後なんの音沙汰もなく、2ヶ月近く経って催促したところ、料金振込案内が送られてきました。単にこちらからの連絡を待っていたのではと考えてしまいます。その後画像の偏りについて問い合わせても技術者が出張中なのでわかりませんとのこと。本当に二度と買うものかと思いました。
[ 2018/12/19 16:59 ] [ 編集 ]

No title

星空さん、こんにちは。
タカハシは、技術者の退職で、人手も技術の継承も
できていないようで、物を売ることは、できても
売ったものをメンテすることが、できないように
なってきているのでしょう。
この現状では、タカハシの製品を買うのは、考えた
方が、よいでしょうね。
[ 2018/12/20 02:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/273-9f781ce5