アクセスポイントをどうするか

カメラと望遠鏡の撮影環境をRaspberry PiにしてWifiのワイヤレスで、VNCで、
PCやタブレットから屋外で、ルーターの無い環境で、遠隔操作する場合に必要に
なるのが、Wifiのアクセスポイントです。
今、Raspberry Piをアクセスポイントにして、天体の導入、撮影、オートガイドを
行うテストをしていますが、さすがにここまでやると処理が、重いように感じ
られます。そこで、別途、簡単にアクセスポイントを作る方法を考えてみました。

その1 Wifiルーターを遠征に持って行く。
これが、一番簡単で、的確な方法だと思います。今は、安い無線LANルーターが
沢山ありますし、中古の物でも十分なので、遠征用に用意するもよいかもしれません。

その2 スマホやタブレットのテザリング機能を使う。
スマホやタブレットには、テザリング機能が、あります。これは、Wifiのアクセス
ポイント機能なので、この機能を使うというのも手かもしれません。
しかし、スマホやタブレットのテザリング機能は、ワイヤレス通信やWifiに接続
されていないと使えないこともありますし、契約している通信会社によっては
テザリングが、有料サービスで、テザリングすると料金が、必要になることが
あるので、テザリング機能を使う場合は、予めよく調べておく必要が、あります。

その3 マイコン用のWifiモジュールを使う。
今、マイコンをWifiに接続して、通信を行うWifiモジュールが、いくつか出ています。
中でもESP8266を使ったWifiモジュールは、OnStepなどでも使われています。
ESP8266は、簡単にサーバーやアクセスポイントを作れるので、これを使って、
簡易のアクセスポイントを作るのも方法です。

ESP8266にはUSB-シリアル通信機能を持ったESP-WROOM-02開発ボードが、あるので、
今、これで、アクセスポイントを作ってテストしていますが、よさそうなので、
ESP-WROOM-02とAVRマイコンを使って簡単にアクセスポイントの設定を変更できる
アクセスポイントを作ろうと考えています。
イメージ 1


Wifiのワイヤレスで、撮影環境を制御するのは、便利ですが、Wifiルーターがあり
インターネットに接続する環境が、ある場合は、簡単ですが、屋外で、Wifiを簡単に
使う環境を作るのは、いろいろ考えなければならないことあって大変です。
スポンサーサイト



[ 2019/02/24 18:31 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

こんにちは。
ラズパイのAP化は荷が重そうですか。
手っ取り早いのはモバイルルーターでしょうが、自分で工作できると面白そうですね。
成功を楽しみに待っております。
[ 2019/02/25 09:02 ] [ 編集 ]

No title

B.S.R-eさん、こんにちは。
ラズパイは、小さくて、高機能ですが、PCにLinuxを
インストールして使うのと同じように考えると、
ちょっと役不足なように思われます。
ラズパイは、小さくて、高機能で、良いのですが、
無線のネット環境が、ないところで、使うことを
前提にすると無線環境をどうするかが、考えものです。
[ 2019/02/26 12:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/278-4c99e804