OnsStep自動導入モータードライブ

この4月の新月期は、諸事情で、撮影に行けなかったので、OneStepを作っていましいた。
OneStepの試作基板は、かなり前に作って、いろいろテストしていました。
イメージ 1

作ったOneStepの試作基板は、USB‐シリアル通信とBluetoothを自動的に切り替えて
通信できるものを作りました。
具体的には、USB-シリアル変換ICのPCとのリンク信号をトリガーにして、PCと
繋がっているときは、通信をUSB‐シリアル通信に切り替えてBluetoothの電源を
OFFにします。また、PCと繋がっていないときは、通信を切り替えてBluetoothで、
通信します。これは、以前作った導入支援装置の通信回路と同じです。

基板のままでは、実際に使えないので、これを実際に使うためにケースに納めました。
イメージ 2

回路は、これで完成したので、基板を設計して、プリント基板を発注するこになります。

OnsStepは、確かによくできだ自動導入モータードライブシステムですが、PCなどから
通信で、モーターのステップ数などの設定を変更できず、基幹部分の設定を変更する
には、ソースコードの設定ファイルの該当部分を変更して、コンパイルして、ファームを
書き換えなければならないのは、どうもオマピーに思ってしまいますね。
スポンサーサイト



[ 2019/04/15 06:35 ] 電子工作 | TB(0) | CM(2)

No title

こんばんは。
撮影用のモバイルPCだとコンパイルするだけでも時間がかかっちゃいます。
加減速時間や最高速などはファーム書き換えずに変更できるとありがたいですよね。
[ 2019/04/21 20:18 ] [ 編集 ]

No title

B.S.R-eさん、こんにちは。
OneStepは、自動導入モータードライブの他に
フォーカサーとローテーターまで、詰め込んで
いますが、それらの設定の変更が、ソースから
変更しなけらばならないのは、おまぬけですよね。
[ 2019/04/22 01:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/283-a209423d