今年最初の書き込み NGC3718

2020年の初書き込みです。
この年末年始は、月周りが、よいのと休みが、長いので、遠征には
もってこいということで、12月28日に大芦高原に遠征してきました。
この日は、豊中天文同好会の合宿で、大芦高原温泉雲海のロッジを
借りての撮影だったので、撮影中は、ロッジのコタツで、だべって
たりして、まったりでした。
お天気は、一晩、ほぼ快晴で、この時期としては、珍しくシーイングが
よくて、シリウスが、瞬いていませんでした。

撮影したのは、おおぐま座の系外銀河NGC3718です。
この銀河は、画面左の小さな銀河が、画面右の大きな銀河のそばを
かすめたために大きな銀河が、大きくかき乱されて、2本腕が伸びた
ような形に変形して、星間物質も周りに散らばっていることが、
よく分かりますし、暗黒帯も腕の方向に曲がっていることが分かる
銀河です。また、小さな銀河も変形していることが、わかります。

撮影日:2019年12月30日
露出時間 L 5分X17 RGB 5分X6
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr
撮影地 岡山県大芦高原

スポンサーサイト



[ 2020/01/03 13:19 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する