今年最初の遠征

1月3日に年末に続いて再び大芦高原に遠征してきました。
せぱたんから貰ったてるてる坊主のご利益か、11月から遠征の天気は、
3連勝!! てるてる坊主様々です。

天気は、年末に続いて、朝まで快晴でしたが、年末と違って空気が、
乾燥していて、夜露の心配は、なかったのですが、体感温度は、年末
より寒かったと思います。

この日撮影したのは、おおぐま座の系外銀河M109です。
M109は、典型的な棒渦巻銀河で、渦を巻いている腕もよくわかる系外
銀河です。私たちのいる天の川銀河も棒渦巻銀河で、その形は、M109の
ような形をしていると考えられています。

撮影日:2020年1月4日
露出時間 L 5分X11 RGB 5分X4
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr
撮影地 岡山県大芦高原

年末に同じ組み合わせで撮影した時は、安定してガイドしていたのが、
約1週間後のこの日は、ガイドが、不安定で、結局は、撮影枚数の半分が、
画像処理に使えませんでした。
次回の遠征までに原因を見つけて、対策しなければなりませんが、
ASI120MM-Sは、オートガイドには、向いていないのか、以前から
オートガイドカメラで使うとあまりよくないですね。

それと、1月4日は、しぶんぎ座流星群が、極大でしたが、極大の時間が
日本時間の4日午後5時だったのとしぶんぎ座流星群のピークは、短時間
なので、3日の明け方でもしぶんぎ座流星群と思われる流星は、私は
見ることは、できませんでした。
スポンサーサイト



[ 2020/01/13 13:31 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する