遠征のときの電源を変更

天体撮影では、冷却CCDや冷却CMOS、それを制御するノートPCに
自動導入の赤道儀を動かすために大容量のバッテリーが、必要に
なりますが、これが、重くて、大きい、私は、ACDelcoの12V 80Ahの
ディープサイクルバッテリーを使っていましたが、重量が、約18Kgで、
持って行く機材の中で、一番重いものでした。
これを去年11月の遠征からバッテリーをACDelcoのディープサイクル
バッテリーからポータブルのリチウムイオン電池に変更しました。
IMG_0633[1]
写真は、私が購入したポータブルリチウムイオン電池です。
出力は、AC100V300W DC24V5A DC12V8A USB出力5V3.1A(Max)、
USB TypeC出力12V1.5A 9V2A 5V3Aを持っています。重さは、3.2Kgです。
価格は、キャッシュレス決済5%引きや、クーポンなどの割引を入れて
約29000円でした。
天体撮影に使うポータブルリチウムイオン電池は、AC100Vの出力が、
あるもので、価格の相場は、AC100V出力で、100W当たり約1万円くらいです。

最近のポータブルのリチウムイオン電池は、小さくても大容量の物が、
多く出ており、スマホ用の大容量ポータブルバッテリーの普及と価格の
低下で、価格も2、3年前に比べると格段に安くなっています。
また、重さが、同じクラスのディープサイクルバッテリーと比べると
約1/3以下になり、片手で持つことのできる重さになるのと小さくコン
パクトになるので、持ち運びも楽になります。

IMG_0630[1]
写真は、ディープサイクルバッテリーとポータブルリチウムイオン電池を
並べたところです。両方とも同じ程度のバッテリーですが、ポータブ
ルリチウムイオン電池は、大きさ、重量共に1/3以下です。
[訂正と追加」
リチウムイオン電池の基準電圧は、セル電圧の3.7Vで、ディープ
サイクルバッテリーの基準電圧とは異なるので、電池の容量は、
ポータブルリチウムイオン電池の方が、小さくなります。


ポータブルリチウムイオン電池のもう1つのメリットは、AC100V出力を
持っていることです。ディープサイクルバッテリーは、出力は、DC12V
だけで、AC100Vを得るためには、別途DC-ACインバータが、必要になり
ますが、ポータブルリチウムイオン電池にこれが、内蔵されていて、かつ
AC100Vは、正弦波出力なので、AC電源の質は、DC-ACインバータよりも
よいのです。

以下、選び方と使い方を説明します。
選び方ですが、使う機器構成が、まちまちだと思いますが、私の場合、
冷却CCD、ガイドカメラ、ノートPC、赤道儀、USBハブなどに電源供給
していて、電源容量は、トータルで、AC100Vで、約100Wになります。
なので、AC100Vの容量は、300Wあれば十分な容量を確保できます。
ポータブルリチウムイオン電池を選ぶときに目安になるのが、電池容量
です。これが、大きいものほど同じ出力でも長時間使えることになります。
ですので、電池容量が大きなものを選ぶことをお勧めします。
私の使っているポータブルリチウムイオン電池の電池容量は、110000mAh
になります。分かりにくい数値ですが、この値に1000を掛けるとAhに
なります。この場合、110Ahになります。
私のシステムの場合、使っているポータブルリチウムイオン電池で、
使う気温にも寄りますが、AC100V 100Wで、約7時間は、十分使えます。
これから考えるとAC100V出力で、300Wか400Wクラスならば一晩は、十分に
使えます。

使い方、これが、一番重要と思います。
ポータブルリチウムイオン電池は、AC100V電源と複数のDC電源を持って
いますが、天体撮影のような長時間使う場合は、使う電源をAC100Vか
DC電源かどちらか1つで、使わないと使える時間が、かなり短くなります。
私は、昨年11月の遠征では、AC100Vで、ノートPCと冷却CCDをDC12Vで
赤道儀に電源供給していましたが、5時間程度で、バッテリー残量0に
なり撮影できなくなりました。これ以降、電源は、AC100Vだけで使って
いますが、今のところ問題は、ありません。
この辺りは、1つの電池で、複数の出力を作るのは、内部の消費電力も
大きくなるので、バッテリーの持ちが、悪くなるようです。

バッテリーの充電は、専用のACアダプターの他にDC12Vからでも充電できる
ものが、多いので、車の移動中でもシガーソケットから充電できますし、
ものによっては、別売りのソーラーパネルから充電できるものもあつたり
するので、連泊遠征には、使えると思います。

最後にバッテリーの廃棄ですが、ディープサイクルバッテリーなどの
鉛電池は、最近は、簡単に廃棄できなくなっていますが、リチウムイオン
電池やニッケル水素電池などの充電池は、リサイクル対象品で、大きな
家電量販店などで、無料で、回収してくれるので、最後の廃棄も楽です。
私もこれまでにノートPCのバッテリーやスマホのバッテリーを回収して
もらっています。

ポータブルリチウムイオン電池は、軽量、コンパクトですし、購入して、
使って、廃棄までトータルで、考えるとディープサイクルバッテリーなどの
鉛電池よりも使い勝手が、よいので、遠征時の電源をポータブルリチウム
イオン電池に乗り換えるは、お勧めです。
スポンサーサイト



[ 2020/01/19 14:32 ] 機材 | TB(-) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/01/19 17:15 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
[ 2020/01/20 02:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する