Raspberry Pi 4

Raspberry Piは、Raspberry Pi 3 Model B+を2台持っていていて、1台は、
KStarsやINDI Libyalを入れて天体撮影用に、もう1台は、いろいろな
テスト用にして使っていましたが、Raspberry Pi 4で、CPUが、更に高機能
になりOSも安定して動くものが、出てきたので、Raspberry Pi 4 Model B/4GBを
購入しました。
IMG_0679[1]

今回、Raspberry Pi 4になってRaspberry Pi 3から変わったのは、モニター
端子が、標準のHDMIからMicroHDMIになったのと電源容量が、5V 3Aと
ラズパイ3より大きくなったことで、電源端子が、MicroUSBからUSB Type-Cに
変更になったことで、ラズパイ4を購入するときに追加で、ラズパイ4用の
電源とMicroHDMI-HDMI変換を購入しなければなりませんでした。
上が、Raspberry Pi 4 Model B/4GBで、下が、Raspberry Pi 3 Model B+。
IMG_0682[1]

Raspberry Pi 4は、ラズパイ標準OSのRaspbian最新版とUbuntu Mataではなく
本家のUbuntuの最新版で安定動作するようなので、これから、いろいろ
遊んでみようとしています。

ここ最近、海外では、ラズパイを使った撮影システムが、普及してきていますが、
OSがLinuxであることと基本情報が、英語であることから日本では、ほとんど
普及していません。先日、大芦高原に行った時も現地に来られていた方とお話し
した時も、魅力的なシステムではあるけれどもOSも情報も英語なので、難しいと
言われていました。
私は、大学のときからUNIX、Linuxを使っていて、仕事でもUNIXサーバーの管理
などをしていたので、Linuxは、問題ないのですが、普通の人には難しいOSだと思います。
Macユーザーでは、OSが、UNIX系のOSなので、もしかすると敷居が低いかもしれません。

ラズパイを使ったフリーの天体撮影システムでは、Astroberry Serverが、Ver2.0に
なって、OSが、UbuntuMateからRaspbianに変わったので、ラズパイ3にRaspbianを
日本語モードで、インストールして、Astroberry Server Ver2.0を入れたのですが、
ログインユーザーとログインパスワードをAstroberry Serverのものを追加さられて、
面倒でした。面倒なので、ログインパスワードは、元に戻しました。
Astroberry Serverに入っているソフトもVer1.0のときは、沢山入っていましたが、
Ver2.0では、Gpredict、KStars、Oacapture、PHD2と厳選されていました。

ソフトの言語については、Astroberry ServerをOSをインストールせずにクリーン
インストールするとOSの言語が、英語なので、ソフトも全て英語になりますが、
OSを日本語モードにすればPHD2は、完全に日本語化されて、KStarsは、一部
日本語化されます。

ラズパイを使った天体撮影システムは、非常にコンパクトになるのですが、
馴染みのないOSと基本言語が、英語ということで、日本で、普及するのは、
難しいかもしれませんね。
スポンサーサイト



[ 2020/03/08 18:19 ] 電子工作 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する