天の川銀河の中心方向

3月20日は、お天気は最高でしたが、透明度は、PMの影響で、イマイチでしたが、
午前2時を過ぎると天の川の濃い所が、昇ってきます。
高野辻ヘリポートは、南のロケーションは、非常に良いので、5月までは、広角
での撮影は、最高です。
KissX6iで、35㎜ですとちょうど夏の主な散光星雲が、全て写っています。
しかし、ただ1つ出目金星雲が、ポタ赤を設置した場所が、悪くて、木の陰に
なり、画面の右で、切れてしまってます。
天の川銀河
撮影日:2020年3月21日
露出時間 3分X24
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS

この画角は、ちょうど画面の右半分が、天の川銀河の中心方向になります。
そして、下の写真の矢印の方向に天の川銀河の中心にある超巨大ブラックホール
いて座A*があります。
スポンサーサイト



[ 2020/04/05 23:47 ] 天体写真 | TB(-) | CM(2)

こんにちは。
夏の天の川が良い感じに仕上がっていますね!
特に濃い部分と銀色に輝く部分の濃淡が素晴らしいと思います。
35mmのAPS-Cだとフルサイズ換算で50mmちょっとですか。
これくらいの画角で切り取る天の川、主役級が網羅されていて贅沢構図になりますね^^
[ 2020/04/06 11:28 ] [ 編集 ]

タカsiさん、こんにちは。
ありがとうございます。4月、5月は、この周辺と、さらに南側の
低空の天の川の濃いところが、撮影できるので楽しいですよね。
[ 2020/04/07 02:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する