ラズパイ4 撮影システム

新しく作ったラズパイ4の環境は、OSをラズパイ標準のOSである
Raspbianで作りました。
Raspbianを使うメリットは、VNCとSSHが標準にインストールされて
いて、ラズパイのGPIOやVNC、SSHの設定が、簡単にできることです。
ただ、デメリットもあって、IPアドレスの固定とクセスポイント化が、
UbuntuMateのように簡単にできないところところです。
今回作った環境では、自宅と遠征で使うWifiルーターのIPアドレスを
固定しましたが、アクセスポイント化は、面倒だったので、していません。
ネットワークに接続して機器を制御する場合、Wifiルーターを使う方が、
アクセス制御しやすいですからね。

インストールしたソフトは、KStars、PHD2、Ciel、CCDcielとGPSを
接続すためにGPSDの5本です。
あまり沢山のソフトを入れても使わないですかね。
OSの環境は、日本語モードにしてあるので、KStarsもかなりのところ
日本語化されています。


Raspberrypi INDI Web Managerも入れてあるので、CielとCCDcielも
連携して使うこともできます。


PHD2は、日本語化されているので、これは、
Linux版でも完全に日本語化されています。


Cielは、日本語化のファイルが、公開されてるので、これを組み
込んで日本語化しました。
Ciel、PHD2共に操作はWindows版と同じですが、機器選択が、Linux版
ではASCOMが使えないので、INDIドライバーなのが、違うところですね。


あと、ラズパイのハード関係で、システムの時刻データの校正については、
ラズパイは、OSが載っていると言っても、基本マイコンボード
なので、インターネットの繋がる環境では、起動時にNTPサーバー
から時刻データを取得して、システムの時刻を公正しますが、
インターネットに繋がらない環境では、前回シャットダウンした
時刻を記憶していて、この時刻をシステムの時刻して設定するので
遠征での撮影では、システムの日付と時刻が、一致しません。
そこで、遠征先のインターネットの無い環境でも正確な時刻を
ラズパイに持たせるためにRTCユニットを組み込みました。
IMG_0690[1]

ラズパイは、GPIOにI2Cの端子が、あるので、これを使えば簡単に
RTCユニットを組み込むことが、できて、起動時にインターネットに
繋がっているときは、NTPサーバーからシステムとRTCの時刻校正を
行って、インターネットに繋がっていない時は、RTCからシステムの
時刻校正を行うように起動スクリプトを組みました。
これで、システムの時刻は、RTCのバックアップ電池が、つきるまで
くるうことはありません。

ここまで撮影と望遠鏡の制御環境を作っておけば、ラズパイを
望遠鏡の上に乗せて、USBで、各機器をつなぐだけで、遠隔操作
望遠鏡の完成です。
KStarsは、冷却CCDや冷却CMOSの他にキャノンとニコンの一眼デジ
カメも制御できますし、ステラショット同じように自動導入補正も
使えるので、ラズパイの撮影システムを作れば、撮影に余計な
ソフトの出費は、必要ないと思いますね。

ただ、一番の問題は、OSが、Linuxで、一般の人には、非常に敷居が
高いことでしょうね。
スポンサーサイト



[ 2020/05/24 17:28 ] 機材 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する