遅くなりましたが、11月14日の遠征分その1

このところ休みは、家の事情やU.D.Aリモート観測所のヘルプなどで、遠征で、
撮影した画像を処理できず、溜まっていたのですが、遅くなりましたが、
やっと11月14日に高野辻に遠征した時の画像を画像処理できました。

11月14日は、私と会長、Nさんの3人での遠征でした。
この日はオリオン座のベテルギウスの右のベラトリックスの近くにC/2020 M3
アトラス彗星が、近づいていたので、撮影してみました。
オリオン座_20201114
撮影日:2020年11月15日
露出時間 3分X10
レンズ:SIGMA 50mmF1.4 DG HSM F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS

会長の口径45㎝のドブソニアン望遠鏡でも観望しましたが、写真では、緑色に写って
いましたが、眼視では、核が、かなり拡散していて、かなり淡かったです。

11月14日の夜は、南の低空の透明度が良かったので、会長の口径45㎝のドブソニアン
望遠鏡で、南の低空のろ座からちょうこくぐ座周辺の系外銀河を見せてもらいました。
この周辺は、本州では、南中しても地平線ギリギリで、滅多に見ることのできない
対象ですが、この日は、よく見えました。

北半球では、かみのけ座方向が、天の川銀河の極方向で、系外銀河が、沢山見えるように
ろ座からちょうこくぐ座の方角は、南半球側の天の川銀河の極方向なので、系外銀河が、
沢山見えます。
NGC1339とNGC1365、NGC1316は、大きく、よく見えました。また、NGC1339とNGC1365の
周辺には小さな銀河が、沢山あり銀河団を作っていて、こちらも良く見えました。
南半球側には、大きな系外銀河があり、この周辺の500㎜程度でも沢山の銀河、写るので
南半球に行ってときには、撮影してみたい領域です。
スポンサーサイト



[ 2020/11/29 18:42 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する