M64 邪眼銀河

新月期に天気が、良くなくて、撮影に行けず、立春を過ぎると薄明も早くなるので、
19日に大芦高原に撮影に行って来ました。

天気は、月が、沈む近くまで晴れたり曇ったりでしたが、午前1時半ごろから
快晴になりました。しかし、空は、一足早く春の空で、透明度は、イマイチでした。
先月は、寒波が、来ているときに大芦高原に行きましたが、その時は、凍るような
澄んだ空でしたが、1ヶ月で、空も大きく変わるものです。

撮影したのは、M64 NGC4826 黒目銀河。M64は、以前にも撮影しましたが、今回は、
Canonの1.4倍のテレコンを入れて撮影しました。しかし、この銀河は、中心の暗黒帯
以外は、あまり特徴のない銀河なので、拡大しても同じでした。

撮影は、ちょこっと問題がありL画像が、撮影した半分の画像が、ガイド
エラーで、ボツになりました。で、画像処理では、L画像をLRGBの画像を全て
コンポジットしてL画像を作りました。

M64 邪眼銀河
撮影日:2021年2月20日
露出時間 L 5分X7 R 5分X6 G 5分X8 B 5分X8
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ SSAG
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr
撮影地 岡山県大芦高原

IMG_0785[1]

帰りは、この時期は、相生の道の駅「あいおい白龍城」に寄って、旬の牡蠣を
買って帰りました。
冬場に大芦高原に撮影に行くと帰りに買いに行くのですが、味は、2月の牡蠣が、
一番美味しいですね。
IMG_0794[1]

スポンサーサイト



[ 2021/02/23 15:13 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する