梅雨入り前に自宅からM16、M17周辺を撮影

このところ公私共にゴタゴタ続きで、何もできない日が、続いている
うちに今年は、関西は、観測史上”最速”の梅雨入りで、4月を最後に
撮影に行けなくなりました。梅雨明けは、7月中頃になるでしょうね。
しかし、気候として撮影に行けないこの状況は、私としては、無駄な
ストレスになりませんが、その他の事が、思うように成らないのは、
かなりストレスです。

それはさて置き、遅くなりましたが、5月の連休直前と連休中の天気の
良い時に自宅ベランダから南の対象を撮影しました。
このM16、M17周辺は、4月23日に撮影したものです。

M16、M17周辺
撮影日:2021年4月23日
露出時間 Ha 5分X18
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium Haフィルター 7nm
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

自宅のベランダは、南向きで、ある程度低空まで撮影できたのですが、
一去年南側にマンションが、建ち、この時期は、アンタレスが、南中
前後で、マンションの屋上の少し上を通過して行く状況になってい
ましたが、南東方向は、建物無く、南の低空も上がって来るところを
ナローバンドで、撮影できていたのですが、来年に南東方向の場所にも
マンションが、建つことになり、先月から工事が、始まり、来年には、
自宅ベランダからは、この方角の撮影は、難しくなるので、天気の
良い時に撮影したしだいです。

本当は、OIIIも撮影して、カラー合成したかったのですが、南側の
マンションの光で、OIIIは、被ってしまい、撮影しても無駄になるので
Haだけのモノクロにしました。
この日は、夜は、透明度も良かったのですが、Ha画像でもマンションの
光の影響で、地面方向に被りがあり、それをかなり補正しています。
スポンサーサイト



[ 2021/05/23 14:49 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する