自宅から撮影したM17 Ha画像

このところ露の中休みで、良い天気が、続いています。
5月26日には、皆既月食がありましたが、天文ジンクスとして
”新月期は、曇るけど満月は、快晴。でも、満月でも、皆既
月食などのイベントがあるときは、満月でも曇る”と言いますが、
本当でしたね。

さて、こちらは、5月の連休前の4月23日に続いて、5月4日にも
自宅ベランダから今度は、M17をFQS-85EDで、撮影しました。
前回の撮影同様、OIIIは、撮影せず、Haのみのモノクロです。

この日は、4月23日よりは、空の透明度が、良くなくて、
撮影に使った望遠鏡が、RedCat51よりも口径が、大きくて、
明るい鏡筒でしたが、写りは、イマイチでした。
ナローバンドならば住宅地の明るい所でもそれなりに撮影
できますが、空が、明るい分、空の透明度が、大きく影響
しますね。それでもM17は、Ha画像では、中心付近が、
明るく、ハッキリしているので、中心付近の輝度を落として、
画像処理すると、細かい構造が、よく分かります。

撮影日:2021年5月4日
露出時間 Ha5分X18
望遠鏡 FSQ-85ED F3.8
カメラ QSI583WSG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium Haフィルター 7nm
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr
スポンサーサイト



[ 2021/05/30 15:25 ] 天体写真 | TB(-) | CM(2)

UTO

条件が悪い中でも、よく写ってますね~。
あんまり広角気味で狙ったことがないのですが、右側の星雲もなかなか面白そうですね。

バックフォーカスの調整が難しそうで、未だにNFD328とASI1600MMCの組み合わせはテストしていないのですが、こういう写真を拝見すると、やってみたくなってきます。
[ 2021/05/30 23:53 ] [ 編集 ]

UTOさん、ご無沙汰しています。
この画像も地面方向にカブリがあり、それをかなり
補正しています。M17は、中心が、明るく、上手く
明るい部分の処理をすると星雲の構造が、出ますね。
右の星雲は、IC4701で、結構淡く、空の透明度が、
悪いと写りも悪くなりますね。
あと、センサーのフォーマットが、大きくなると
いろいろと調整は、面倒ですね。
[ 2021/05/31 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する