久しぶりの遠征と双眼鏡での観望

この8月の新月期は、ペルセウス座流星群が、好条件でしたが、
流星が、降らずに大雨が降って、最悪の新月期でした。

今年は、盆休みが、コロナの対応などもあり8月5日からで、8月の
新月期は、天気が、良くなさそうだったので、8月5日の夜に会長と
北部の某所に行ってきました。
8月5日は、台風が、近づていましたが、天気は、一晩快晴で、行った
所も平日で、夜は、誰も来ず、2人で、貸し切りで、満天の星空を
満喫できました。

8月5日は、ペルセウス座流星群極大の1週間前で、少しでも飛ぶかと
期待しましたが、散在流星は、飛びましたが、ぺルセ群の流星は、
見られずで、写真に写っていたのは、暗い流星が、1コマだけでした。


露出時間 3分
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS


この日は、約5か月ぶりの遠征の撮影でした。その成果は、後日として、
久しぶりに私が、高校生のときに買った約40年落ちのビクセンの7倍50㎜の
双眼鏡を持って行って、撮影中に双眼鏡をカメラ三脚に付けてで、観望を
楽しみました。
以下は、見た対象と見えた感想です。

M31
これは、肉眼でも見える対象なので、双眼鏡で見ると広がりが、良く
分かります。

h-χ二重星団
これも肉眼でも見える対象で、双眼鏡の観望では、定番の対象で、双眼鏡で
見ると、星の色が、分かって綺麗です。

M33
写真では、綺麗な渦巻き銀河ですが、密集度が低いので、双眼鏡で、見ても
結構淡いです。でも、夜空が、暗くて、透明度の良い所では、肉眼でも
何とか見ます。

NGC281 ハックマン星雲
小さい星雲ですが、写真では、よく撮影されている対象。
明るく小さい星雲なので、双眼鏡でも存在は、すぐに分かりましたが、
7倍では、小さくて、淡い”シミ”のような感じでした。

IC1805とIC1848 ハート&ソール星雲
秋の天体写真の定番の対象ですが、ハート星雲の中の星団とソール星雲の
明るい恒星の並びが、双眼鏡でもよく見えるので、すぐわかります。
そして、よく見ると淡くかすかに”ハの字”に星雲の存在が、分かりました。

NGC1499 カリフォルニア星雲
これも天体写真の定番の対象で、ペルセウス座ξ星のすぐ北にあるので、
双眼鏡でもすぐに位置は、わかります。
双眼鏡では、かなり淡く、双眼鏡を動かすと背景と一緒に淡い物が、動く
ので、それで、存在が、分りました。

空が、暗ければ双眼鏡で、結構観望を楽しめます。また、対象を探すのに
タブレットかスマホにSkySafariが、入っていると探しやすいです。
7倍50㎜の双眼鏡は、天体観測定番の双眼鏡ですが、散光星雲を見るので
あれば、7倍50㎜の双眼鏡よりも10倍50㎜の双眼鏡のほうが、S/N比が、
上がるので、よいと思いました。

また、この日、会長と2人で、話題になったのが、”北アメリカ星雲は、肉眼で、
見えるか?”でした。
北アメリカ星雲は、デネブの近くにあり、見かけの大きさが、月の2倍以上
あり、大口径のドブソニアン望遠鏡で、メキシコに当たる部分やペリカン
星雲が、見えるので、夜空の暗い所で、肉眼でも見える、というより存在が、
分かるというので、2人で、目を凝らして、見たのですが、見えませんでした。
7倍50㎜の双眼鏡では、光を集めるので、北アメリカ星雲とペリカン星雲の
間の暗黒帯が、分かるので、北アメリカ星雲を識別できるのですが、肉眼では
無理でした。

”肉眼で、北アメリカ星雲が、見える”というのは、デネブの近くの北アメリカ
星雲の周辺は、肉眼で、見ても星が、集まっていて、比較的明るく見えて、
私たちは、北アメリカ星雲の位置と形をいろいろな写真を見て、知っているので、
潜在意識で、デネブの近くに北アメリカ星雲が、見えているように脳が、見せて
いるのではないかと思われます。

会長の話では、人も訓練すれば、暗い所で瞳孔が、約8㎜まで開くそうで、
そんな”特殊能力”を持つ人なら肉眼で、北アメリカ星雲を確認できるかも
しれませんね。


スポンサーサイト



[ 2021/08/14 12:42 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する