NGC772

10月9日に2週連続の遠征に行きました。この日は、同じ豊中天文同好会の
メンバーのN嶋さんと現地で合流しました。

私が、現地に着いたのが、午後8時近くでしたが、天気は、曇りでした。
先に来られていたN嶋さんの話では、午後6時ごろに小雨が、降ったとの
ことで、晴れるか心配でしたが、しばらくするとポツポツを雲が、割れて
晴れ間が、出てきたので、機材の準備をして、晴れるのを待ちましたが、
晴れて、撮影を始められたのは、夜半を過ぎてからでした。
しかし、10月2日と違い、空の透明度は、イマイチで、少し眠い空でした。

10月の上旬は、季節外れの暑さで、少し雲の出るような天気では、夜に
なっても気温が、下がらず、快晴になるまでに時間が、かかりましたね。

撮影した対象は、おひつじ座の系外銀河NGC772を撮影しました。
撮影を始められたのが、夜半を過ぎてからで、露出時間が、少し足りないのと
空が、少し眠たくて、解像度が、少し悪いです。
ちょっと撮影対象が、小さく焦点距離が、足りませんでしたが、伸びた腕や
腕の構造も何とか写りました。

NGC772は、天の川銀河の約2倍の大きさの系外銀河で、過去に伴銀河と
相互作用した影響で、腕の1本が、長く伸びています。
また、その影響で、星形成が、活発で、高温、大質量の恒星が、生まれて
いるようで、伸びた腕を含めて腕が、青いです。


NGC772
撮影日:2021年10月10日
露出時間 L 5分X20 R 5分X9 G 5分X9 B 5分X8
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

10月10日の朝の帰り道は、緊急事態宣言が、解除されて、行動制限が、
なくなった休日だったので、能勢、丹波篠山、綾部方面に行く車で
反対車線は、朝からかなりの渋滞でした。
帰りに途中の道の駅を通りかかると栗を買う人で、人で溢れていて、
道の駅も満車で、入れず、反対側の道は、大渋滞でした。
帰りは、国道173号線から176号線で、帰りましたが、道路の渋滞は、
阪急池田駅の先まで続いていて、渋滞の最後の方は、いつ目的地に
着くのかなと思いながら帰ってきました。
スポンサーサイト



[ 2021/10/23 16:49 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する