AM5赤道儀

今年に入ってから使わなくなった撮影機材を手放して、資金を作って
撮影機材を更新して、コンパクト化して、動きやすくしました。
新しく導入した機材は、Red Cat71とAM5赤道儀です。
IMG_0926[1]
AM5は、まだ、撮影では使っていませんが、室内で、いろいろ触って
みましたが、良くできた赤道儀だと思いますが、私が、触った印象と
しては、いざというときにユーザーが手を付けられないところが、
不満なところです。
具体的には、自動導入速度が、速いので、自動導入時にケーブルが、
絡まったり、鏡筒が、干渉したときに安全に自動で、停止させる機能が、
無いのは、暗い所で、使うときに何が、起きるか分からないので、簡易でも
欲しい機能ですね。

あと、AM5の三脚は、購入する前にいろいろ調べましたが、オリジナルの
カーボン三脚は、耐荷重50Kgで、軽量、コンパクトなのですが、三脚としては
軽いので、海外の情報では、短焦点の屈折での撮影では、良いけれども
鏡筒の大きさと重量が、大きくなると安定が、悪くなるので、Sky-Watcherの
三脚を使うことを勧めていたので、私は、EM-11で使っていたVixenのSXG110と
ハーフピラー の組み合わせで、使えるようにコスモ工房さんのAM5赤道儀⇔
SXG三脚架台アダプターを導入しました。
IMG_0924[1]
これで、FSQ-106Nフローライト鏡筒やBKP-150改を使うときは、この組み合わせで、
Red Cat71を使うときは、AM5用軽量ハーフピラーとSIGHTRONのカーボン三脚か
INNORELのカーボン三脚で使えるようにしました。

Red Cat71は、FSQ-85ED一式を同じサークルのFさんの所に嫁入りして、買いました。
FSQ-85EDは、我が家では、あまり出番が、ありませんでしたが、Fさんの所では、
大活躍中の様です。
Red Cat71は、Red Cat51と同じ構造のヘリコイド式なのが、あまり人気が、ない
ようで、ユーザーをあまり見かけませんが、光学系は、FSQと同じペッパール型
なので、像は、大変に良いです。
IMG_0929[1]
しかし、AM5赤道儀もRed Cat71も海外メーカーの製品は、あるレベル以上の価格の
物には、標準で格納ケースが、付いてくるのは、保管と持ち運びに便利です。
国内メーカーだと別売りで、あったりしますが、ただのアルミカメラケースに
メーカーのロゴが入っているだけで、何も印刷されていない同じ物の数倍の
値段がしたり、格納するためには、送られてきた箱の入っている緩衝材を使わ
ないと収まらなかったりと、何なのかと思いますね。
日本人は、システムを作れないと、よく言われますが、国内メーカーにどうして、
こういう発想が、無いのでしょうかね?
IMG_0930[1]


スポンサーサイト



[ 2023/11/05 18:00 ] 機材 | TB(-) | CM(2)

ケースもですが、ピントの微動装置、カメラアダプターも最初から付いて、性能も高い上に日本メーカーよりも安い!
もはや日本メーカーが生き残る道は・・・
中国製を無条件で嫌う方々がいらっしゃいますが、実際に使ってみてから評価すべきだと思います。
[ 2023/11/08 22:15 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
確かに今は、台湾、中華メーカーの方が、性能と
付属品に加えて、デザインも良いので、商品として
魅力が、ありますよね。
もう、国内メーカーが、一番という時代は、終わり
ましたね。
[ 2023/11/10 01:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する